ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 未経験からでも正社員採用!
三陽工業の求人情報はこちらから
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事に役立つ資格を種類別に見る » 溶接技能者

溶接技能者

溶接技能者とは

溶接の技量は対象の構造物の品質に大きく関わるため、客観的な評価が必要になります。それゆえ溶接技能者の資格は適用法令や発注仕様書等により定められており、特定の仕事をするときに必ず要求されるものです。

溶接技能者の資格は日本溶接協会が認証するもので、対象材料と溶接方法によって区分があります。例えば、アーク溶接作業者は、炭素鋼を対象に被覆アーク溶接の方法で溶接するもので、2日の講習と3日の実技講習を受講すれば取得可能です。

溶接技能者の資格は溶接作業をするうえで必須のもの。未経験者でも取得できるものからはじめ、実務経験を積みながら取得していく流れが一般的です。

溶接技能者が役に立つものづくりの仕事は?

溶接技能者の資格が役に立つものづくりは、基本的に溶接が必要になるもの全般です。溶接技能者の資格は、適用法令や発注書等で要求されるもので、そもそも有資格者でなければ溶接の仕事に携わることもできません。

溶接技能の種類には、手溶接(アーク溶接、ガス溶接)、半自動溶接、ステンレス溶接、チタン溶接、プラスチック溶接、銀ろう付、すみ肉溶接、基礎抗溶接、石油工業溶接などがあります。自身の業務で扱うものに合わせて、必要なものから取得していきましょう。

溶接技能者の難易度は?

溶接技能者の難易度は、種類により様々といえます。例えば未経験者でも取得できるアーク溶接作業者は、2日の講習と1日の実技で取得できる比較的容易なものです。アルミニウム溶接技能者やボイラー溶接士では、一定の実務経験に加え、学科試験と実技試験が必要になります。

溶接技能者の資格は未経者から熟練者に対するまで幅広く種類があり、その難易度も溶接のレベルに関わっているのです。

溶接技能者の取得方法は?

溶接技能者の取得方法もそれぞれに合わせて考えられます。アーク溶接作業者のような未経験向けの資格は、講習と実技で取得可能です。他の種類の資格では基本的に実務経験の要件をみたし、学科試験や実技試験を受ける必要があります。

溶接工の道を歩むには、アーク溶接作業者の取得から始めるのが一般的。基本的に合計3日の講習に参加すれば取得できるので、比較的容易な資格だと言えます。このアーク溶接作業者は、工場経営者が作業者に取得させることが義務付けされているため、溶接工に携わりたい方にとっては避けては通れないものでしょう。

溶接技能者の資格は、作業領域と密接に関連するために実技主体となっています。それゆえ、溶接作業に精通し、学科対策のための理論を勉強して試験に臨むとよいでしょう。

『ハケン』の負のスパイラルを打破!なりたい自分を目指せるものづくり集団三陽工業とはどんな会社か?

取材協力・監修者:三陽工業株式会社

三陽工業株式会社公式HP
引用元:三陽工業株式会社公式HP(http://sanyou-ind.co.jp/)
※画像をクリックするとHPにリンクします

「人の無限の可能性」を原動力に、日本のものづくりの現場を元気にする

三陽工業株式会社は、1980年・昭和55年に明石市にて設立以来、ニッポンのものづくり産業の中で事業を推進し続け、現在では全国35の拠点をベースに事業を展開している企業です。

「人の無限の可能性」という言葉を胸に、働く社員一人ひとりの中に秘めている可能性を「三陽工業という働き方」で引き出し、日本のものづくりに貢献し続けてきました。頑張る人が報われるという当たり前の状況を作り出すため、さまざまな環境を整備している点が社員からも好評を得ています。

役職・部署を希望してプレゼンを行うことで希望が叶うチャンスを与えられる「立候補制度」や、さまざまな種類の表彰制度など、社員一人ひとりの頑張りが必ず形になる環境の整備に力を入れています。

三陽工業採用HPで
お仕事検索をしてみる