ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)の適正を見る » 学歴が関係ない仕事がしたい

学歴が関係ない仕事がしたい

学歴の関係ない仕事がしたい人に知って欲しい
ものづくりの仕事(工業・製造業)の魅力

学歴に関係なく挑戦できる仕事

ものづくり仕事の魅力の1つは、就職するのに学歴があまり関係ないところ。多くの現場で、中卒・高卒・大卒とさまざまな働き手が活躍しています。工場長や課長、部長などの役職者の中にも、大学を出ていない人が多くいます。現場での経験が大きく影響する業務だけに、学校教育での学びが技術の向上に直結しにくいでしょう。大学で学べるメリットとして、専門的な技術や知識を学ぶ点があげられますが、就職してからの研修や業務でも十分に学べます。

また、単に「大卒」というだけでは昇給に繋がらず、仕事ができるかどうか?が重要になるでしょう。そのため、学歴が給料アップにも大きな影響を与えることもありません。学歴に関係なく、役職者になれたり、高収入になれたりする実力主義がものづくり仕事。本気で取り組めば充実した仕事になるでしょう。

ホワイトな働き方ができる

2019年から「働き方改革」が実施され、社会全体が労働環境について様々な課題や問題を改善しようと試みています。そんな中でも、多くの業界で問題になっているのが長時間残業です。しかし、ものづくりの現場は残業が少ない業界としても知られています。

主な理由として、勤怠管理のほとんどがシステム化されている点があげられるでしょう。基本的にシフト制で、勤務する日時はコンピューターによって管理されています。「交代勤務」と呼ばれる働き方も多く、自分の勤務終了と同時に次の人に交代するため、残業になりにくい環境です。学歴に関係なく誰にでも挑戦できて、心地よい働き方を実現できます。

実は高収入なものづくりのお仕事

仕事選びで重要な収入面。生活のためにも安定した収入を得るには「大学を卒業しないと不利」と思いがちではないでしょうか。

学歴を大きく評価されることはないにもかかわらず、安定したお給料を貰えるのがものづくりのお仕事の魅力。求人サイトでも、高収入な求人が多くあります。工場長や役職者、海外工場の責任者などでは年収1000万を超えるものもあるようです。役職がつけば手当もつき、さらに収入アップが見込めるでしょう。また、比較的年々昇給しやすく高収入も夢ではありません。中でも年収が高いのが繊維や非鉄金属、自動車や精密機械の製造業。いずれもこれまでの経歴はあまり関係なく、未経験でも採用率が高い仕事です。

おすすめのものづくりの仕事

自動車製造

移動手段として人々の生活には欠かせない車。自動車メーカーのこだわりを実際にカタチにして世の中に生み出すのが自動車製造の仕事です。何より、自分が製造にかかわった自動車を見かけた時の達成感や感動は、ものづくりの仕事ならでは。不特定多数の人に消費され、世界的にも高く評価されている日本の自動車技術に携わることができます。

また、自動車の製造に関するあらゆる仕事を任されるため、最新技術やメーカーの技術に触れられるのは、車好きにとってはたまらなく嬉しいポイントです。日々新しいスキルが身につく現場だけに新たな自分の可能性や、スキルの向上を常に感じやすいでしょう。

精密機械製造

精密機械は主に、スマホやパソコン、医療機器などがあげられます。複雑な構造なので、他のものづくりの仕事よりも高い技術力が求められるでしょう。その分、高収入なのも納得です。細かい作業や高度なテクニックは、簡単に身に着けられるものではありません。大学・大学院へ進んで幅広い知識を学ぶのも良いですが、中卒・高卒で早くから実践的に学ぶのもおすすめ。い時間で培った技術や経験が評価される仕事です。

テクノロジーが進化し続ける現代において、必要不可欠なものを作る精密機械製造。ものづくりを通して誰かの生活を豊かにするサポートをしていると実感できるでしょう。

ものを見る 仕事を見る