ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 未経験からでも正社員採用!
三陽工業の求人情報はこちらから
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事に役立つ資格を種類別に見る » 重機オペレーター

重機オペレーター

重機オペレーターとは

工場や工事現場では、フォークリフトやクレーン車などの様々な重機が使用されています。重機の操作は危険が伴うため、操作するには専門性が要求され、一定の資格が必要です。重機オペレーターは、重機を操作するときに必要になる知識や技術を有していることを認定する資格となります。

重機オペレーターは、操作する重機の最大荷重や機体重量、最大積載量などにより、免許や資格の種類が異なります。そのため目的に合わせて国の専門機関で試験に合格すること、並びに専門の講習を受けることが必要です。机上の試験に合格するだけでなく、講習の受講も別途必要なことから、重機オペレーターは専門性の高い資格といえます。

重機オペレーターが役に立つものづくりの仕事は?

ものづくりの現場では、人の手では重くて持ち上げられない荷物や材料に関しては、フォークリフトを使用して作業をします。このフォークリフトの操作でも高い専門性が求められ、操作を行うには重機オペレーターの資格が必要です。

ものづくりの仕事において人力ではできない作業をするため、或いは多くの作業を一度に行うためなど、しばしば重機が用いられます。その操作で活躍するのが重機オペレーターです。効率化を考え、一度に多くの作業をすることの多いものづくりの現場において、有用な資格といえるでしょう。

重機オペレーターの難易度は?

重機オペレーターは、重機の種類により必要な資格が異なり、大きく分けて「免許」「資格(運転技能講習)」「資格(特別教育)」の3つに分類されています。全国の専門機関の講習や自動車学校の講習を受講し修了すれば資格取得できますので、それほど難しいものではありません。学習さえ疎かにしなければ、比較的容易に取得できるでしょう。

しかしこの資格においては取得して終わりではなく、重機の安全な操作を継続するために、技術の向上に努める必要があります。重機オペレーターの資格は一定レベルの知識・技術の認定に過ぎず、現場では更なる技術の向上を図ることが重要です。

重機オペレーターの取得方法は?

重機オペレーターの取得方法に関しては、まずどの種類の重機を操作するのかで試験形態も異なります。フォークリフトであれば、運転技能講習・運転特別講習を受講すれば取得でき、また技能講習を受けることで操作できる機械の幅を広げることが望めるでしょう。特別講習は操作したい重機に合わせて受けられます。

難易度の高い免許の場合、全国の安全衛生技術センターで学科、実技の試験に合格する必要があり、一口に重機オペレーターといっても、その難易度・試験形態は、重機の種類によって様々であることがわかります。

『ハケン』の負のスパイラルを打破!なりたい自分を目指せるものづくり集団三陽工業とはどんな会社か?

取材協力・監修者:三陽工業株式会社

三陽工業株式会社公式HP
引用元:三陽工業株式会社公式HP(http://sanyou-ind.co.jp/)
※画像をクリックするとHPにリンクします

「人の無限の可能性」を原動力に、日本のものづくりの現場を元気にする

三陽工業株式会社は、1980年・昭和55年に明石市にて設立以来、ニッポンのものづくり産業の中で事業を推進し続け、現在では全国35の拠点をベースに事業を展開している企業です。

「人の無限の可能性」という言葉を胸に、働く社員一人ひとりの中に秘めている可能性を「三陽工業という働き方」で引き出し、日本のものづくりに貢献し続けてきました。頑張る人が報われるという当たり前の状況を作り出すため、さまざまな環境を整備している点が社員からも好評を得ています。

役職・部署を希望してプレゼンを行うことで希望が叶うチャンスを与えられる「立候補制度」や、さまざまな種類の表彰制度など、社員一人ひとりの頑張りが必ず形になる環境の整備に力を入れています。

三陽工業採用HPで
お仕事検索をしてみる