ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)を業種別に見る » マシンオペレーター

マシンオペレーター

さまざまな機械の操作を行うというのがマシンオペレーター。工場などのさまざまな場所で機械化が進む中、非常に需要の高い仕事だと言えます。ですが、その仕事内容はそれだけなのでしょうか。具体的な仕事内容について、解説したいと思います。

マシンオペレーターの仕事とは

マシンオペレーターの仕事は、勤め先によって異なります。

しかし、ただ機械を扱うだけではなく、製品素材の準備・加工、機械により発生したズレの調整、完成製品の品質管理等、操作だけにとどまりません。基本的に同じ作業となり、単純な仕事内容となりますが、その日のうちに生産する製品の数が決まっていることも多く、いかにミスなく効率よく出来るのかを常に考えて行動する必要があります。

マシンオペレーターに必要なスキル

マシンオペレーターは、基本的に未経験から始められます。単純な作業を繰り返し行うというのが得意である方ならば、向いている仕事だと言えます。また、マシンを操作するので集中力に自信があるという方も同様です。

工場では、上記のように1日の生産数が決められていることも多く、より効率的に動ける方も求められますから、例えば元マシンオペレーターや加工などで一連の生産の流れを経験したことがあるという方は率先力として扱われるでしょう。

他にも製品を搬送するため、フォークリフト等の運転免許や、マシンの不調を修理できる電子機器組立て技能士などは有力なスキルだと言えます。

マシンオペレーターの年収

雇用形態や勤め先により異なりますが、一般的なものとしては社員で350万~600万円程度。

他の職種と比較しても平均的なものなのですが、家賃補助、社宅・寮の利用ができるなど、福利厚生が充実していることもあります。

また、傾向としてはパート・アルバイト、派遣社員などの勤務形態が多いようです。

ものを見る 仕事を見る