ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)を業種別に見る » マシンオペレーター

マシンオペレーター

さまざまな機械の操作を行うというのがマシンオペレーター。工場などのさまざまな場所で機械化が進む中、非常に需要の高い仕事だと言えます。ですが、その仕事内容はそれだけなのでしょうか。具体的な仕事内容について、解説したいと思います。

マシンオペレーターの本音・口コミ

マシンオペレーターの良い口コミ

私が勤務している工場は、比較的環境が良いので働きやすい方だと思います。機械の取り扱い方を覚えた後は、自分のペースで作業を行うことができるので、変に沢山のコミュニケーションを取ることもないので私的には楽です。それにモノづくりを行う最先端の場所で働けるという点は、やりがいにもなります。自分が操作した機械で、製品が一つ一つ作られていき、それが市場で販売されている点は非常に面白いです。たとえばコンビニやスーパーなどで自分が関わった製品を購入している人を見ると、なぜか嬉しくなり働いていて良かったなって思いますね。

参照元:派遣社員かんたんスタートガイド(http://hajimete-haken.com/?p=6128)

マシンオペレーターの悪い口コミ

最初に機械の設定など覚えることが多くて、かなりキツイです。特に覚えることが苦手な人にとっては辛いかもしれません。それに想定外のトラブルもあり、想定外のことはしっかり教わることもないため、何度も経験することによってトラブルの対処の仕方を覚える必要があります。そのためマシンおぺーレーターとして一人前に仕事ができるようになるのは時間がかかってしまうかも。またマシンオペレーターは一つの機械だけでなく、複数の機械を担当して作業を行っており、もしも複数の機械がトラブルを起こしてしまうと処理業務がかなり大変です。

参照元:工場仕事のきついところを経験者に聞いてきました(http://baitokitsui.com/factory/7.html)

マシンオペレーターの仕事とは

マシンオペレーターの仕事は、勤め先によって異なります。

しかし、ただ機械を扱うだけではなく、製品素材の準備・加工、機械により発生したズレの調整、完成製品の品質管理等、操作だけにとどまりません。基本的に同じ作業となり、単純な仕事内容となりますが、その日のうちに生産する製品の数が決まっていることも多く、いかにミスなく効率よく出来るのかを常に考えて行動する必要があります。

マシンオペレーターに必要なスキル

マシンオペレーターは、基本的に未経験から始められます。単純な作業を繰り返し行うというのが得意である方ならば、向いている仕事だと言えます。また、マシンを操作するので集中力に自信があるという方も同様です。

工場では、上記のように1日の生産数が決められていることも多く、より効率的に動ける方も求められますから、例えば元マシンオペレーターや加工などで一連の生産の流れを経験したことがあるという方は率先力として扱われるでしょう。

他にも製品を搬送するため、フォークリフト等の運転免許や、マシンの不調を修理できる電子機器組立て技能士などは有力なスキルだと言えます。

マシンオペレーターの年収

雇用形態や勤め先により異なりますが、一般的なものとしては社員で350万~600万円程度。

他の職種と比較しても平均的なものなのですが、家賃補助、社宅・寮の利用ができるなど、福利厚生が充実していることもあります。

また、傾向としてはパート・アルバイト、派遣社員などの勤務形態が多いようです。

勤務体系

勤務地

マシンぺレーターは、主に機械化された製造工場で勤務することが多い職業です。このため、自動車などの工業製品から食品加工、ペットボトルなどの樹脂製品など、様々な場での活躍が期待できます。

特に「何かを作りたい」というものが無ければ、自分が住みたい地域にある工場を探すと良いでしょう。

勤務形態

勤務形態は向上によって様々です。製紙業では24時間工場が稼働しているため3交代勤務等が多く、その他の業種でも4勤2休といった形態が多く見受けられます。

ものを見る 仕事を見る