ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)を種類別に見る » バイク

バイク

バイク

取材協力:三陽工業株式会社

三陽工業株式会社公式HP
引用元:三陽工業株式会社公式HP(http://sanyou-ind.co.jp/)

「ニッポンのものづくりにわたしたちの力を」
- 三陽工業社員インタビュー

日本の工業界を代表する数多の企業に優秀な正社員エンジニアを派遣させている三陽工業株式会社の協力を得て、バイクを作る仕事に従事する社員にインタビュー!「ニッポンのものづくりにわたしたちの力を」をスローガンに掲げる同社での、ものづくりの楽しさや喜び、やりがい、誇り…、そして今後の展望を語っていただきました。

バイクを作る仕事/高城康二さん(仮名)

兵庫県の金属加工工場で働く高城康二さん

兵庫県の神戸にある金属加工工場で働く高城康二さん(仮名)・25歳。現場ではバイクをはじめ、ジェットスキー、ピッキングカートなどのパイプベンダー、加工、切断を行っています。KAWASAKIのバイク部品の研磨作業から研磨技術を磨いて発展を遂げた三陽工業では、KAWASAKIおんがえしプロジェクトとして全日本ロードレース選手権や鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦。会社の発展を支えたバイクへの貢献に力を入れています。ここでは、バイクを作る仕事について、高城さんに詳しくお聞きしました。

「KAWASAKIおんがえしプロジェクト」
について公式HPで詳しく見る▼
三陽工業公式HPKAWASAKIおんがえしプロジェクトページのキャプチャ

バイクを作る仕事のやりがいや楽しさとは?

未経験から1人で仕事を任せられるまでに成長

製造業に携わった経験がなかったため、入社当初は本当に私でもできるのか不安でした。ものづくり経験ゼロでもできる仕事からスタートして、今は1人しか担当できない仕事を任されるまでに。バイクを作る仕事を通して「自分にしかできないこと」を得られたことに、やりがいを感じています。

バイクを作る仕事/三陽工業に興味を持ったきっかけは?

求職者にとっての価値を考えてくれる企業理念に惹かれ…

前職では、インターネット関連の営業を担当していました。転職を始めた際に多くの企業がお客様や社員にばかり目が向いている中、求職者にとっても価値ある企業でありたいというテーマを掲げた三陽工業の存在は目を惹きましたね。入社する前からしっかり目を向けてくれる企業なら安心して働けると感じ、入社を決めました。

三陽工業のココがすごい!と思う点を教えてください

リスクや変化を恐れないチャレンジ精神!

新しいことにチャレンジするのは、誰でも不安に感じるものです。多くの企業にとっても、失敗のリスクを抱えるよりも現状維持を選びがち。そんな中、三陽工業では今年のテーマに「やったことのないことをやってみよう」を取り入れ、会社全体で社員の挑戦を後押ししています。チャレンジによって一人ひとりの自信やモチベーションにつなげる姿勢は、まさに「人の無限の可能性」を原動力とする三陽工業ならではですね。

「立候補制度」について公式HPで詳しく見る▼
三陽工業公式HP立候補制度ページのキャプチャ

三陽工業におけるご自身の展望は?

社員の目標となれるリーダー、最終的には社長へ

まずは現場のリーダーになり、取れる資格はどんどん取得していきたいです。未経験からでもここまで成長できる、リーダーとして活躍することもできるんだとアピールして、他の社員の目標となる存在になりたいと考えています。今後の展望としては、リーダーで満足するつもりはありません。最終的なゴールとして「社長」を目指しています。

バイク製造業界の今

現在の日本製バイクの世界シェアは約4割。東南アジアやインドを中心に販路を広げ、海外で高い評価を得ています。一方で国内では新車販売数が軒並み右肩下がりの現状。一体バイク製造業界で何が起きているのでしょうか?

国内バイクユーザーの減少の原因は?

バイクの新車販売数が減少している原因は複数挙げられます。それぞれの原因について見ていきましょう。

消費者の生活スタイルの変化

近年では景気の悪さを理由に、なにかと節約に関する話題が取りざたされています。こうした雰囲気で高額なバイクは手が出しづらく、さらに維持費のような問題を考えると購入を断念してしまう人が多いのです。

また、働き盛りの年代が都市部に一極集中している点も問題。交通インフラの整った都市部に住んでいれば、バイクや車などの乗り物が無くても十分に生活できます。そういった点もバイクを遠ざけてしまう原因と言えるでしょう。

高速道路での費用問題

ETC非装備車両の値上げによって、車にETCを付ける人が増加しました。バイクにもETCを付けることはできますが、防水・防塵への対応のため車よりも高額になります。さらに高速道路の料金は自動車と全く同じですので、高速道路を利用しづらい状況にあるのです。

バイクの魅力はスピードを出して直接風やGを体感できること。最もその魅力を感じやすい高速道路が利用しづらいわけですから、バイクが選ばれなくなるのもうなづけます。

駐車場不足

かつてバイクは駐車場法・自転車法の法律から除外されていました。そのためバイクの駐車場整備が義務付けられず、バイク専用の駐車場が少ないのです。そこへ駐車場法がバイクに適用されたことにより、駐車場が少ない状況で取り締まりだけが厳しくなりました。

これから駐車場を作ろうにも土地が少ないため、駐車場の問題が解消されるにはまだ時間がかかると思われます。こうした問題も、消費者からバイクを遠ざける理由なのです。

盗難が多い

平成29年の警視庁犯罪統計によると、バイクの盗難届は1年でおよそ2万件。自動車の約2倍の数が盗難被害に遭っているとされています。価格が高額な上、自動車よりも簡単に盗むことができるため、盗難被害が多いのです。

特に最近では外国人の窃盗グループによる犯行も増加している状況です。せっかくバイクを買っても、落ち着いて停めておけない。こうした状況もユーザーの減少を招く原因かもしれません。

今後のバイク業界の動向は?

新車の販売台数が落ち込んでいる状況を見かね、2014年に経済産業省は成長戦略に二輪車産業を組み込みました。海外市場への地位向上だけでなく、国内市場の活性化に向けた方針を固めました。

また、最近では大手メーカーが、海外生産から国内生産への切り替える向きも見られます。これまでは人件費や土地代の安い海外に生産拠点を置き、製造コストを下げていました。しかし最近では海外の人件費や土地代が高騰しており、海外生産による利益が得られにくくなったのです。輸送費や関税、円安などの影響もあり、製造を国内へ移そうという機運が高まりつつあります。

今後バイク製造の仕事は増えるかも?

現在はまだまだ国内でのバイク製造の求人は少ない状況です。しかし、製造を国内に切り替える会社が今後増えれば、バイク製造の求人が増加することも期待できます。

国内需要の拡大は国の政策にも関わっているため、今後のバイク製造業の未来は明るいかもしれません。

【お仕事解説】バイクの製造に関わる仕事とは?

国内のバイクメーカーといえばホンダ・ヤマハ・カワサキ・スズキの4社。バイク製造に関わる仕事に就くなら、この4社の工場に就職するか、バイクの部品を作るメーカー下請けの工場に就職すると良いでしょう。

バイクの製造は、大まかに「フレームの製造」と「エンジンの製造」に分けられます。大手メーカーの工場の場合、求人で出されるのは主に組み立て・検査の仕事です。

フレームの製造

フレームの製造は、主に「成型」・「溶接」・「塗装」の3つの工程を経て行われます。作業の安全性や省コスト化のため、大手の工場ではほぼロボットが担当。しかし、全て機械任せというわけではなく、機械の操作や安全確認、部品や素材のセットなどはマシンオペレーターが担当する場合もあります。

フレーム成型

バイクの骨組みとなるフレームを作る仕事です。従来は金型に流し込まれた金属をプレスしてフレームの成型を行いましたが、近年のバイクのフレームの主流「アルミダイキャスト」の場合はプレスの工程が不要です。

アルミダイキャストとは、金型に溶かしたアルミを高速で射出することで、複雑な形状のフレームでも量産できる工法。アルミダイキャストの製造は主にロボットにによって行われます。

溶接

成型したフレームを溶接する作業です。溶接作業では強い紫外線が発生するため、作業員が目を負傷する場合も。危険な作業をロボットが担当することで、溶接での安全性と高精度・省コスト化の実現ができるのです。

塗装

溶接作業が終われば、ラインによって流れてきたフレームに塗装が施されます。大手の工場であればこの工程もロボットが主に担当。塗装は有機溶剤を使用するので、作業員への負担が大きい仕事です。溶接と同じく、人が行うには難しい仕事をロボットが対応するわけです。

エンジンの製造

鋳造

フレーム成型と同じく、エンジンの鋳造・加工も主にロボットによって対応します。エンジン軽量化や冷却性能向上の観点から、最近ではフレームと同じくアルミダイキャストによって作られる場合があります。

機械加工

鋳造されたエンジンフレームを加工する作業です。エンジン性能を高める重要な作業であり、内容は主に穴あけや切削を行います。

エンジン組み立て

組み立て作業は人の手で行われます。加工されたエンジンを、機能ごとにラインに分け、それぞれ流れ作業で対応します。

インパクトレンチを使用して、指定された場所に部品を取り付けるのが主な作業内容。作業後は検査員がすみずみまで調べ、問題がなければ車体の組み立てへと進みます。

車体組み立て

フレーム塗装とエンジン組み立てが終われば、いよいよバイクの完成に向けて車体の組み立てに入ります。

組み立ての流れは主に以下の通り。

  1. エンジン部にリアタイヤの取り付け
  2. リアフレームの取り付け、およびフロントフレーム連結
  3. フロントタイヤ、サスペンション組み付け
  4. スロットル調整
  5. サブユニットの組み立て
  6. 外観部品の取り付け
  7. 完成検査

多くの人の手によって、徐々にバイクの形へと完成していく様子が見られます。組み立てから納品までの流れを見て、やりがいを感じる人も多いでしょう

バイク製造の求人は部品製造が多い?

自動車とは違い、バイクは海外工場で作られることが多いため、組み立てや製造に関する求人はほとんど見かけません。

ただし、三陽工業のように、さまざまな機器の部品製造を多く扱っている会社なら、バイク部品の製造も行っている場合も。

「部品だけなんて微妙…」と思われる方もいるかもしれませんが、部品作りもバイク製造に欠かせない立派な仕事。特にバイクは人の命に係わる乗り物ですから、使用される部品も日本製の高精度な部品が求められます。部品の製造は、ものづくりの基礎を支える重要なお仕事といえるのです。

三陽工業採用HPで
お仕事検索をしてみる

ものを見る 仕事を見る