ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)を業種別に見る » 家電修理工

家電修理工

家電修理工はどの家庭にもある冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの家電製品が故障してしまった時に迅速に駆けつけて修理する仕事です。故障した家電を修理するというのは、ものづくりとは一味違った面白みや達成感があります。機械好きな人には修理するという作業自体が楽しく、仕事にやりがいを感じている人も多いようです。ここでは家電修理工の年収や仕事内容など詳しく紹介していきます。

家電修理工の本音・口コミ

家電修理工の良い口コミ

携帯電話をメインとした機械修理工です。販売店からの依頼を受けて修理をおこなっています。携帯電話は次から次へと新しく、そして新技術が盛り込まれた機種がでてくるので、対応する大変さがありますね。ただ、そういう新しいものが好きなこともあり、楽しく仕事をやれていますよ。

参照元:給料BANK(https://kyuryobank.com/doboku/machinemaintenance.html#i-8)

家電修理工の悪い口コミ

家電を専門に修理をおこなっています。以前と比べるとAIの導入などもあり、かなり複雑化していると思います。特に日本製は様々な機能が付いた家電が多いので、昔のシンプルなつくりと比べると壊れやすい印象を受けています。この仕事もそうですが、家電業界全体がヒット商品が出にくくなっているので厳しくなってきてると感じます。

参照元:給料BANK(https://kyuryobank.com/doboku/machinemaintenance.html#i-8)

家電修理工の仕事内容

家電修理工は、自宅や仕事など私たちの暮らしに欠かせない家電が故障してしまった際に修理をおこなう仕事です。洗濯機や冷蔵庫など、日常生活の一部として当たりまえのように使用している家電が壊れると日常生活に支障が出てしまいます。また、携帯電話やパソコンに不具合があれば仕事に支障をきたしてしまうこともあります。そうしたトラブルの解消をすべく迅速に作業を行う家電修理工という仕事は、非常に頼れる存在と言えるでしょう。

一般的には直接利用者の家庭に出張して修理を行いますが、複雑な故障など、すぐに修理できない場合は集中修理センターなどに持ち込んで対応することがあります。また、近年の電子技術は凄まじい速度で進歩を続けており、メーカーの講習を受けたり家電に関する最新情報や修理技術を吸収し、修理に必要な知識を取り入れ続けなけばなりません。そのため、機械が好きな人や新しい技術を吸収するのが好きな人に向いている職業と言えます。

年収

家電修理工の平均年収は394万円~517万円です。厚生労働省が公表している平成27年6月のデータによると、平均年齢が39.6歳で平均給料は32.1万円となっています。家電修理工は基本的に会社勤めのサラリーマンが多いため、比較的安定した収入を得ることが多いようです。

機械修理工で高年収になるためには企業の正社員として就職し、次々と発売される新しい家電の知識を吸収し続け、自分のスキルや技術を高める努力をする必要があります。

将来性

近年の家電製品の進化はすさまじく、特にIT家電が普及してからは非常に高性能かつ緻密な家電製品が増加し続けています。家電修理工という仕事が現代の生活ニーズと非常にマッチしているため、今後も一定数の需要が期待できる将来性が高い職業といえます。

さらに、家電修理工は技術職であるため、知識や経験、実績をしっかり身に着けていれば収入に反映されやすく、企業の中には出来高制で給与を支払うところもあります。

会社勤めなどをしているのであれば安定性に関しては問題ないでしょう。また、仮に職を失うことになっても転職に困ることはなく、スキルが身につけば独立を目指すことも可能です。

家電修理工になるには

電気工学や電子工学を専攻していなくても問題はありません。しかし、電気や電子、機械、情報技術などを専攻できる工業高校や職業訓練校などで機械修理に関する知識を取り入れておくとそれだけ就職に有利となるでしょう。家電修理工になるためには、家電メーカーやアフターサービスなどを行っている販売会社や家電修理会社などに就職する方法があります。

また、上記のようなこと以外に、家電修理工に何よりも求められるのは電気機器や電子機器に関する知識と興味です。特に近年ではIT家電も登場しているので、IT分野に関する知識も持っていると重宝されます。

また、家電製品を修理する際には故障している箇所を特定して適切な修理を行う必要があります。中には故障個所の特定が困難な場合も出てくるので、探究心が必要不可欠です。

まとめ

私たちの生活はさまざまな家電であふれています。しかし生活に密着した洗濯機や冷蔵庫などが故障すると洗濯もできず冷蔵庫に保存している食料品も腐り、生活に支障が生じてしまいます。家庭に直接お伺いして、その場で故障した家電製品を修理することで依頼主は安心します。そのため、「ありがとう」と直接感謝してもらえる場面も多く、やりがいを感じる機会が多い職業です。また、単純に機械を修理すること自体にやりがいを感じることもあり、ものづくりとは違った楽しさを感じられるようです。

ものを見る 仕事を見る