ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)を業種別に見る » セラミック製造工

セラミック製造工

幅広い製品に使用されるセラミック素材。そんなセラミックを作りだすセラミック製造工は、日本の産業に欠かせない仕事の1つ。なかなか知られていないセラミック製造工の仕事内容や年収、将来性などについてご説明します。

セラミック製造工の仕事内容

セラミックは非金属の焼き物の総称です。古くから作られてきた陶磁器・セメント・ガラスから、半導体や電子部品、人工骨など最先端技術に関わる素材もセラミックに分類されます。

このようにセラミックの定義は非常に広いのですが、求人で募集されているのは、主に製造スタッフと組み立てスタッフ、検品スタッフの3種類。気になるそれぞれの仕事内容について、詳しくご説明いたします。

セラミック製造スタッフの仕事内容

セラミック製品製造の工程は、大きく分けて原料の調合・成形・焼成・仕上げの4つ。工場によって作業員が対応する工程は異なっており、作業に慣れればすべての工程を任せられる場合もあります。

原料の調合や成形・焼成といった工程は、ほとんどの工場で機械が行います。製造スタッフは原料の投入・成形された製品の洗浄・バリ取り・研磨・外観を始め製品のチェック業務を担当。工程ごとに作業内容が異なるため、慣れない内は作業内容を覚えるのに苦労します。しかし、慣れればさまざまな工程に携われるので、ベルトコンベアでの単純作業とは異なり飽きずに働けます。

セラミック製品組み立てスタッフの仕事内容

セラミックでできた製品の製造を行う工場で、組み立てスタッフの求人が出されます。仕事内容は名前の通り、セラミック製の部品を組み立てること。部品のカットや接着作業など、製品によって組み立てでの作業内容は細かく変わります。

セラミック製品検品スタッフの仕事内容

検品スタッフの仕事内容は、製造されたセラミック製品のヒビ・キズ・汚れなどを調べることです。ラインで流れてくる製品1つひとつを素早くチェックし、問題があればラインから外す、またはその場で修繕加工をする、といった対応をとります。

工場によっては、検品後に箱詰め・梱包作業を行う場合もあります。

年収

セラミックの定義は非常に幅広いので、業界全体の年収の平均値を調べることは困難を極めます。

ただ、求人の傾向としては、専門性の高い製造スタッフのほうが給与は高い傾向にあるようです。

そのほか、企業の知名度や製品に関する国内外のシェアの大きさにより、年収は大きくなる傾向が見られます。

将来性

セラミック素材の需要が高まっている分野といえば、自動車産業と半導体産業です。自動車や半導体に使われるセラミック製品を作る工場であれば、将来性があるといえるでしょう。

また、セラミック素材の中でも、現在注目が集まっている「ファインセラミックス」に関する仕事も、将来性が見込めます。

ファインセラミックスは、簡単にいえばより高純度に精製されたセラミック素材のこと。複雑かつ精密な工程で製造されたセラミック素材は、これまでのセラミック素材よりも高度な機能を持つようになります。現在ではスマートフォンや自動車に欠かせない素材となり、さらに多くの分野で需要が拡大することが見込めるため、ファインセラミックスに関わる工場は将来性のある工場といえるでしょう。

セラミック製造工になるには

製造工になるには、セラミックを製造している工場の求人に応募するのが1番の近道。資格や経験を問わない求人も多いので、希望する条件に合った求人に応募するとよいでしょう。

日本のものづくりを支える仕事

セラミックは金属・有機材料と並ぶ「3大材料」と呼ばれる素材です。幅広い分野で用いられる素材だからこそ、セラミック製造の仕事は日本の製造業を支える重要な仕事といえるでしょう。

「色々な人の役に立つ仕事をしたい」と考えている人であれば、このセラミック製造工の仕事はやりがいをもって働ける仕事となるかもしれません。

ものを見る 仕事を見る