ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくり(工業・製造業)の仕事内容を見る » 鋳造

鋳造

鋳造

監修:三陽工業株式会社

三陽工業株式会社公式HP
引用元:三陽工業株式会社公式HP(http://sanyou-ind.co.jp/)

「ニッポンのものづくりにわたしたちの力を」
- 三陽工業監修・鋳造の仕事内容とは

日本の工業界を代表する数多の企業に優秀な正社員エンジニアを派遣させている三陽工業株式会社監修のもと、鋳造の仕事内容について詳しく解説!「ニッポンのものづくりにわたしたちの力を」をスローガンに掲げる同社で働く社員にも取材を行い、ものづくりの楽しさや喜び、やりがい、誇り…、そして今後の展望を語っていただきました。

鋳造の仕事とは

鋳造とは加工技術の1つであり、溶解した金属を型に流し込む仕事です。自動車や電車のモーターやエンジン、ブレーキ部品をはじめ、建設現場で用いられる重機の油圧部品にも鋳造の技術が使われており、便利な暮らしや建設業を支える重要な役割を持っています。

鋳造の仕事をやるのにあると良い資格

鋳造の仕事をしている方にとって必要となる資格についてまとめてみました。

鋳造の資格とは

鋳造の仕事に携わる上で取得できる資格が「鋳造技能士」であり、鋳造技能士は国家資格になります。

さらに取得することで鋳造のスペシャリストとなるので、仕事でのスキルアップなどに役立てることができます。

鋳造技能士には等級が3つに区分されています。

等級 等級に対する位置づけ
特級 管理者・監督者が通常有すべき技能
1級 上級技能者
2級 中級技能者

またこれらの等級いずれかを有していれば、鋳造技能士と称することができ、資格を持っていない場合は称することが禁止されています。

この鋳造技能士の資格を取得すれば、職業訓練指導員の鋳造科についての実技試験が免除となります。

鋳造技能士の受験資格

鋳造技能士の試験を受けるためにはクリアしておかなければならない資格があります。

各等級により受験資格にも違いがあります。

受験資格
特級 1級合格後に5年以上実務を経験。
1級 実務経験が7年以上、または2級合格後からさらに2年以上の実務経験がある。
2級 実務経験が2年以上。

ちなみに、1級・2級に関しては職業訓練歴や学歴によって、実務経験が不問もしくは短縮される場合があります。

最終的に受験資格があるかどうかについては、申し込みの後に審査が行なわれるため受験票の送付等で知ることができます。

また、疑問・質問等がある場合は都道府県職業能力開発協会に問い合わせることができます。

鋳造技能士の試験内容

鋳造技能士の試験は等級ごとに区分され、それぞれ内容が変わります。

また試験は1年で2回開催され、各都道府県で行われます。

鋳造技能士の試験内容
特級実技試験 工程管理・作業管理・品質管理・原価管理・安全衛生管理・作業指導・設備管理
特級学科試験 工程管理・作業管理・品質管理・原価管理・安全衛生管理および環境の保全・作業指導・設備管理・鋳造に関する現場技術
1級実技試験 選択科目(鋳鉄鋳物鋳造作業・鋳鋼鋳物鋳造作業・銅合金鋳物鋳造作業・軽合金鋳物鋳造作業)
1級学科試験 鋳造一般・機械工作法・製図・電気・関係法規・安全衛生・選択科目(鋳鉄鋳物鋳造作業法・鋳鋼鋳物鋳造作業法・銅合金鋳物鋳造作業法・軽合金鋳物鋳造作業法)
2級実技試験 選択科目(鋳鉄鋳物鋳造作業・鋳鋼鋳物鋳造作業・銅合金鋳物鋳造作業・軽合金鋳物鋳造作業)
2級学科試験 鋳造一般・機械工作法・製図・電気・関係法規・安全衛生・選択科目(鋳鉄鋳物鋳造作業法・鋳鋼鋳物鋳造作業法・銅合金鋳物鋳造作業法・軽合金鋳物鋳造作業法)

1級および2級の実技試験時間については、各選択科目によって時間が異なる場合があります。

申込書または受験票等に記載されているので、必ず確認しておきましょう。

鋳造技能士の勉強方法

鋳造技能士の勉強方法については独学でしか学ぶことができません。

勤めている会社の先輩なら過去に受験された方も多いでしょう。

もしかしたら問題集や過去問についても詳しく知っている可能性があるので、できるだけ先輩方から情報を提供してもらうと良いですね。

他にも各県の職業能力開発協会には実技試験・学科試験問題の概要などを掲載しており、技能検定にまつわる参考書の案内もしているので参考にすることができます。

独学でしか学べない部分はありますが、先輩方等に質問しながら進めていくと良いでしょう。

鋳造技能士の資格取得におすすめの人

鋳造に関する仕事に携わっている方はもちろん、他にも技術者としてステップアップを考えている方にもオススメです。

また、将来的にも指導者として活躍したい方にもオススメの資格です。

鋳造技能士の資格取得のメリット・デメリット

鋳造技能士の資格取得について、メリットとなるのは国家資格である上に取得すればスペシャリストとして名乗ることができます。

特に技能資格保有者が会社にいるということでも、会社にとって大きなメリットとなり、本人にとっても評価が上がるきっかけとなるでしょう。

ステップアップはもちろん昇給・昇格にも良い方向で大きなメリットとなります。

またデメリットについては閉鎖的な資格でもあるので、なかなか資格の勉強に取りかかることが難しいと感じるかもしれません。

先輩方が取得していれば問題ない場合もありますが、あまり質問ばかりもできないので最終的には本当に独学で進めなければならなくなります。

デメリットに関しては感じ方にも個人差がありますが、メリットに関しては個人差もほとんどなく良い影響を与えてくれるでしょう。

鋳造の仕事でつくられるモノとは

自動車

安全性と快適さを担う自動車部品の製造

鋳造の仕事には、自動車の組み立てに必要な金属部品やブレーキ部品の製造があります。特にブレーキ部品は、ドライバーや同乗者の安全を守る重要保安部品です。自動車部品の鋳造は、快適な運転や安全を担うための大切な仕事と言えます。

電車

大勢の利用者の安全や命を守るブレーキ部品の製造

電車や新幹線などは大勢の利用者と一緒に安全も運ぶ乗り物です。鋳造の仕事には、安全を守るために不可欠な鉄道用ブレーキ部品の製造もあります。緊急時にもしっかり作動するよう、高い品質と信頼性が求められる重要保安部品です。

重機

建設機械の心臓部である油圧部品の製造

レバー1本で大きなパワーを発揮する重機を支えているのが、油圧部品です。建設機械の心臓部とも言える複雑な内部形状をした油圧部品には、超高圧力に耐える品質が求められます。さらに安全な運転に欠かせない部品のため、鋳造はドライバーの命をはじめ、重機を用いる建設業を支える仕事でもあります。

鋳造の仕事をしている石村賢太郎さん(仮名)にインタビュー!

岡山の金属鋳造・加工を行う工場で働く石村賢太郎さん

前職では新聞販売所での業務全般をはじめ、大手自動車メーカーの期間工として車体組み立てを担当していた石村賢太郎さん(仮名)・25歳。三陽工業に入社したきっかけは、公式HPに掲載されていた「立候補制度」との出会いでした。社員自ら就きたいポストを希望する制度に「ここに入社したい!」と思い、奥様と相談した後にすぐに電話をかけたとのこと。ものづくりの現場にさらに一歩踏み出した石村さんに鋳造の仕事の魅力についてお聞きしました。

ー三陽工業での鋳造とはどんなお仕事ですか?

ものづくりの最初の工程である、溶かした鉄を型に流し込んで部品を製造する鋳造作業を担当しています。工場では、自動車や新幹線などに使われるブレーキ部品をはじめ、重機のパワーを支える油圧部品の製造も行っています。ブレーキ部品は普段の運転はもちろん、万が一の事態においても安全を守るために欠かせない重要保安部品です。油圧部品も小さな力を大きなパワーに変える働きがあり、重量のあるものを上げ下げする、または掘削する建築現場にとってなくてはならない重要な素材です。

ー鋳造のお仕事のやりがいってどんなものですか?

溶解した鉄を型に流し込むライン作業はどれだけ正確かつ多くの数を製造できるかによって自分の成長が目に見えて分かるため、仕事をしていて楽しいです。溶かした鉄を使用するので作業には危険が伴いますが、それでも一人ひとりが意識して行動しているため、事故が起こったことはありません。自分の手掛けた部品が自動車や電車などの安全を支えていると思うと、自分の仕事にやりがいや誇りを持って取り組めます。

石村賢太郎さんのインタビュー風景

三陽工業における鋳造のお仕事求人例

職種 製造・整備士・技術士
仕事内容 航空機や建設機械などの部品製造業務
組立・鋳造・形成・塗装・検査など
雇用形態 正社員
給与 247,000円
勤務地 岡山県津山市
勤務時間 8:00~17:00 / 20:00~5:00
休日・休暇 土・日・祝・GW・夏期・年末年始(会社カレンダーあり)
昇給・賞与 ・ボーナス年2回
・昇給年1回

三陽工業採用HPのエリア別お仕事検索で
求人情報をもっと見る

ものを見る 仕事を見る