ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)を業種別に見る » メカトロニクス技術者

メカトロニクス技術者

機械と電気・電子、二つの技術を合わせ持ち機械メーカーをはじめ様々な産業分野で活躍するメカトロニクス技術者。このページではメカトロニクス技術者の仕事内容や年収、将来性、技術者になる方法などについてご紹介します。

取材協力:三陽工業株式会社

三陽工業株式会社公式HP
引用元:三陽工業株式会社公式HP(http://sanyou-ind.co.jp/)

「ニッポンのものづくりにわたしたちの力を」
- 三陽工業社員インタビュー

日本の工業界を代表する数多の企業に優秀な正社員エンジニアを派遣させている三陽工業株式会社に取材・監修協力を得ました。「ニッポンのものづくりにわたしたちの力を」をスローガンに掲げる同社での、ものづくりの楽しさや喜び、やりがい、誇り…、そして今後の展望を語っていただきました。

三陽工業採用HPで
お仕事検索をしてみる

メカトロニクス技術者の仕事内容

メカトロニクスとは機械工学=メカニクス電子工学=エレクトロニクスを掛け合わせた言葉で、メカトロニクス技術者の仕事内容は電子制御技術が用いられた機械製品の設計・開発・メンテナンスです。

電子制御技術は自動車やロボット、航空機、輸送機、医療機器、IoT搭載の家電製品、デジタル複合機などで取り入れられていますが、こうした分野における機械製品の設計・開発を担うのがメカトロニクス技術者。電子制御を利用する工業製品が関わる分野ならどこででも知見と技術を活かす場所が見つかるでしょう。

なおメカトロニクス技術者の知見と技術は工学以外の分野への応用も可能であり、機械工学に留まらず医学や物理学、心理学など多分野へのメカトロニクス研究者の進出も顕著になっています。

年間定着率92%を実現!
三陽工業採用HPで
働き方や仕事内容について詳しく

年収

メカトロニクス技術者の年収は、会社の規模や役職、高卒・大卒の違いなどによって異なります。全体の年収平均は約495万円です。本人のステータスと就職する会社の規模に左右されやすいので、メカトロニクス技術者として就職・転職を行うときは、求人ごとに見ておく必要があります。

参照元:マイナビagent(https://mynavi-agent.jp/helpful/income/category/maker_03.html)

将来性

メカトロニクス技術者は将来性のある仕事になるでしょう。なぜなら「自動化」「スマート化」を合言葉に電子制御技術を利用した工業製品や設備は増え続けており、それぞれの分野で設計・開発を行う人材が必要なためです。特に日本はエンジニア全体の人材が需要に対して不足していると言われており、その点でメカトロニクス技術者は労働における売り手市場になる可能性があります。

また、メカトロニクスの知識と技術は工学以外の分野でも応用可能であり、とりわけ物理学や数学など理系の知識を持つエンジニアや研究者は、今後活躍できるシーンが広がるでしょう。

メカトロニクス技術者になるには

メカトロニクス技術者になるための特別な資格や免許はありません。ただし実務をこなすためのスキルが必要なので、大学や専門学校で機械・電子・電気系のカリキュラムをこなし知識を備えておく必要があります。

想定しうるフローは大学の工学部にて機械・電子・電気系の学科を卒業 → 大学院(修士・博士課程) → 大企業や公的研究機関への就職です。数学・物理などの知識もあれば、対応できる分野が広がりますのでさらに就職しやすくなります。

まとめ

メカトロニクス技術者は、機械工学と電子工学が融合するハイブリッドな分野の先端的なエンジニアです。電子制御技術を用いた工業製品や設備の導入は増えており、それに伴いメカトロニクス技術者のプレゼンスと需要は高まっています。

とはいえ誰でも必ずなれる仕事というわけではありません。本気でメカトロニクス技術者になりたいと思う人は、大学や専門学校で機械・電気・電子について学び造詣を深めておく必要があるでしょう。

『ハケン』の負のスパイラルを打破!なりたい自分を目指せるものづくり集団三陽工業とはどんな会社か?

取材協力・監修者:三陽工業株式会社

三陽工業株式会社公式HP
引用元:三陽工業株式会社公式HP(http://sanyou-ind.co.jp/)

「人の無限の可能性」を原動力に、日本のものづくりの現場を元気にする

三陽工業株式会社は、1980年・昭和55年に明石市にて設立以来、ニッポンのものづくり産業の中で事業を推進し続け、現在では全国25の拠点をベースに事業を展開している企業です。

「人の無限の可能性」という言葉を胸に、働く社員一人ひとりの中に秘めている可能性を「三陽工業という働き方」で引き出し、日本のものづくりに貢献し続けてきました。頑張る人が報われるという当たり前の状況を作り出すため、さまざまな環境を整備している点が社員からも好評を得ています。

役職・部署を希望してプレゼンを行うことで希望が叶うチャンスを与えられる「立候補制度」や、さまざまな種類の表彰制度など、社員一人ひとりの頑張りが必ず形になる環境の整備に力を入れています。

三陽工業採用HPで
お仕事検索をしてみる