ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事に役立つ資格を種類別に見る » 機械保全技能士

機械保全技能士

機械保全技能士とは

機械保全技能士は、ものづくりの現場で欠かせない設備のメンテナンス技能を証明する国家資格です。資格取得を通して、ものづくりの現場で使用する設備・機械の不具合の調整や故障予防のための知識・技能を身に着けられます。

機械保全の職種には、機械系保全作業・電気系保全作業・設備診断作業の3種類があり、資格の区分は特級、1級、2級、3級の4段階です。

機械保全技能士が役に立つものづくりの仕事は?

機械保全はものづくりの現場において必須であるため、それを維持する機械保全技能士の資格はものづくり一般に役立つものといえます。この資格がなければ機械のメンテナンスをしてはならないというわけではありませんが、資格の認定を受けている従業員が製造現場にいることで、より確実で正確な機械保全が可能となるでしょう。設備・機械はまず故障しないように予防することが大切であるため、機械保全技能士による機械整備は大きな力になると言えます。

機械保全技能士の資格はものづくり現場の機械メンテナンスになくてはならないものであるため、ものづくりに関わる人にとってこの資格の取得は有用です。

機械保全技能士の難易度は?

機械保全技能士の難易度は級により異なります。実務経験なしで受験できる3級は合格率71.1%(2019年実績)と、かなり高い割合です。最上級の特級の場合、1級合格後5年以上の実務経験が必要で、合格率は17.7%(2019年実績)。この分野で長年仕事をしてきた人にとっても難しいものだと判断できます。合格基準は学科試験で65点以上、実技試験は減点法で41点以上の減点がないこと。学科か実技のみの合格で次年度以降の試験が免除される制度(特級は5年)があり、働きながらでも受験しやすいようです。科目合格も念頭に置き、合格までの計画をうまく立てるとよいでしょう。

機械保全技能士の資格は、仕事の傍ら、継続して受験することが可能ですが、特級のレベルになると、かなり高度な専門知識と、実務経験が必要になります。

機械保全技能士の取得方法は?

機械保全技能士の取得の方法は、どの級を受験するのかで様々です。まず実務経験の要件をみたしたうえで、学科試験と実技試験に合格する必要があります。職業訓練カリキュラムを終了した場合、該当する級の学科試験が免除される制度も。

一般的な取得方法として、学科試験は基本書で学習し、実技試験で問われる技能は、作業現場で身に着ける方法が挙げられます。通信講座もあるので、効率を重視する方は利用を考えてみてはいかがでしょうか。

『ハケン』の負のスパイラルを打破!なりたい自分を目指せるものづくり集団三陽工業とはどんな会社か?

取材協力・監修者:三陽工業株式会社

三陽工業株式会社公式HP
引用元:三陽工業株式会社公式HP(http://sanyou-ind.co.jp/)

「人の無限の可能性」を原動力に、日本のものづくりの現場を元気にする

三陽工業株式会社は、1980年・昭和55年に明石市にて設立以来、ニッポンのものづくり産業の中で事業を推進し続け、現在では全国25の拠点をベースに事業を展開している企業です。

「人の無限の可能性」という言葉を胸に、働く社員一人ひとりの中に秘めている可能性を「三陽工業という働き方」で引き出し、日本のものづくりに貢献し続けてきました。頑張る人が報われるという当たり前の状況を作り出すため、あらゆる環境を整備している点が社員からも好評を得ています。

役職・部署を希望してプレゼンを行うことで希望が叶うチャンスを与えられる「立候補制度」や、さまざまな種類の表彰制度など、社員一人ひとりの頑張りが必ず形になる環境の整備に力を入れています。

三陽工業採用HPで
お仕事検索をしてみる