ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)を業種別に見る » 楽器製造業

楽器製造業

ピアノやバイオリン、ギターなど、音楽はジャンルごとにさまざまな楽器を使用します。楽器製造業の職人は、プロの演奏家が創作するさまざまな音楽をサポートする、影の立役者といえるでしょう。

知られざる楽器製造業の仕事について、詳しくご説明いたします。

楽器製造業の仕事内容

楽器製造工の仕事内容は、工場で作っている楽器によって細かく異なります。

楽器と一口に言ってもその種類は幅広くあります。弦楽器・管楽器・打楽器によってそれぞれ作り方は異なりますし、同じ弦楽器でもギターとバイオリンでは製造方法は違ってしまいます。

製造工程の中でも共通する点といえば、パーツ成形・組み立て・塗装・検品

木材や金属などの素材から、楽器に使用するパーツを成形。そこから各楽器の形へと組み立て、塗装した後にできあがった楽器の状態を検査。問題がなければ楽器店を始めとした各販売ルートへ出荷されます。

工場によって工程は細かく異なるので楽器製造工として働く場合、仕事の内容は必ず確認しましょう。

年収

楽器製造業での給与は工場ごとに大きく異なるため、一概にどれくらいの年収かを断定することはできません。目安として、平均的な初任給は17~20万円というデータがあるので、賞与や各種手当などを除くと年収は204~240万円といえます。

もちろん前述した額は目安ですので、工場によってはさらに高い給与が得られる場合も。最大手であるヤマハだと、平均年齢45歳で年収800万円以上得られる場合もあるのです。

将来性

現在ものづくりの業界全体で、後継者不足や経営の不安定さが問題視されています。楽器製造工も例にもれず、将来性に関しては決して楽観視できません

少子化の影響で学校が楽器を買わなくなり、楽器製造メーカーの売り上げは以前よりも下がっています。さらに現在ではDAWのようなデジタルで音楽制作ができるソフトも販売されており、メーカーへの影響が懸念されます。

しかし暗い話ばかりではありません。海外の新興国では楽器市場が伸びているという話があり、インターネット通販で購入されている数も増加しているという話も。楽器は他の嗜好品の中でも景気に左右されにくいという特徴もあるので、将来性に関しては会社ごとの経営戦略次第といえるでしょう。

小さい楽器製造所でも、演奏家から直接製作の依頼を受けて利益を得るケースもあります。楽器を使う音楽ジャンル自体が消えない限り、需要が完全になくなるということはないでしょう。

楽器製造業で働くには

楽器製造業の業界で働く場合、資格や経験、知識は特に必要とはされません。学歴や経験を問わない求人が出されていれば、応募することですぐに工場で働けるでしょう。

一般的には高校卒業後、楽器製作に関わる大学や専門学校に進学し、基礎的な知識や技術を得てから就職するというケースが多く見られます。また、有名な楽器職人に弟子入りをし、技術や知識を学びながら働くという道もあります。

楽器製造業でのやりがいとは

「音楽が好きだから」「面白そうな仕事だと思ったから」という軽い理由で楽器製造業に就職すると、厳しい現実に直面するかもしれません。

楽器製造工として働くのは決して楽ではありませんが、少しずつ仕事を覚えて仕上がりが満足できるレベルに達した時、仕事のやりがいを感じられます。

楽器製造工の多くは、「演奏家が買ってくれたこと」を仕事の魅力として挙げています。プロの演奏家に認められるほどの仕事ができた時、楽器製造工ならではの喜びを得られるでしょう。

ものを見る 仕事を見る