ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)を業種別に見る » 漆器製造工

漆器製造工

漆器は日本の伝統工芸品のひとつであり、海外の人たちからも贈答品として人気を博しています。手作りで仕上げる場合や、工場で大量生産する場合があり、高級品から求めやすい価格品まで幅広く販売されています。そんな漆器に携わる漆器製造工について年収などまとめました。

漆器製造工の仕事内容

漆器を製作するにあたって、30~40程度の工程を経ています。それぞれの工程で行う作業が異なるため、仕事内容も様々あると言えるでしょう。

つまり、一つの漆器に時間を要しながら製作するのか、一度にたくさんの漆器を仕上げていくかによっても仕事内容は異なってきます。

年収

漆器製造工は、素地製造工・下地工・漆塗工・沈金工などに大きく分けられます。そのため、それぞれの職種で手取りや年収などが異なってくるため一概にハッキリした金額を提示することはできません。ただ匠の技をもった職人であれば、高収入が期待できるでしょう。

漆器製造工の平均的な年収は、40代の方で約400万と言われています。高卒の方であれば初任給の月収が約16万円、高専や短大卒の方で約17万円、大卒の方で約20万円、大学院卒の方で約22万円前後です。

決して年収や月収が高い職業とは言えませんが、自身が手掛けた作品が作れる、人々に賞賛されるなどの点で年収以上のやりがいを感じるのかもしれません。もちろん芸術性に優れた作品を生み出すことができれば、日本国内に留まらず海外からも購入希望者が集まり、年収アップに繋がる可能性もあります。夢のある職業ともいえるでしょう。

将来性

近年、食器は大量生産され、非常にリーズナブルで気軽に購入することができるようになってきました。加えて欧米文化が広まるにつれ、徐々に漆器の売り上げは低迷してきたと言われています。

しかし漆器は日本の伝統技術であり、文化保護という観点からも決してなくしてはいけないものでしょう。和食が世界文化遺産に登録されたことからも、美しい食器で和の心を継続していくことは重要といえます。そのため漆器製造工と呼ばれる職業が将来的になくなるということはあまり考えられません。人数が減っていく可能性はありますが、僅かでも存続しつづけていくと考えられます。

ただ、漆器製造工になったからと言っても将来が安定するとは言いにくいのが現状。大量生産が進むにつれて、安価に漆器を製作することができるようになったため、漆器製造工の人数は減少していく可能性があります。もちろん質の高い品物を求める人もいるため、職人としての腕が高ければ将来性は生まれてくるでしょう。漆器製造工として将来安定したいと考えているのであれば、しっかり腕を磨き、匠の技を身に付けることが大切になってきます。

漆器製造工になるには

漆器製造工になるために必須の資格はありません。そのため漆器を製作する工場に就職する、職人に弟子入りすることで漆器製造工としての道が開かれるでしょう。もちろん漆器作りに関する実技を教えてくれる学校や職業訓練校などで学んでおけば就職活動にも優位に働きます。

ただ漆器製造業の場合、弟子入りを行い、そこで技術を学ぶという文化が根強く残っています。その場合には約4~5年の修業期間を要するそうです。そういった修行時代を経て、はじめて一人前の漆器製造工へとなっていくのが普通です。

漆器製造工として向いている人の特徴は、几帳面さや集中力があるかどうかです。漆器を手作業で製作する場合、非常に繊細な作業が求められます。わずかなズレも許されないような世界のため、集中力を高めた状態で作業ができるかどうかも重要でしょう。手先の器用さや、研ぎ澄まされた感覚も必要です。もちろん芸術的なセンスも欠かすことができません。さらに、お椀やお皿など素材によって塗り方や道具なども異なってくるため、漆器だけでなく素材や道具などに関する知識も必要になってきます。ただ知識に関しては修行の時代に深く学ぶこともできるでしょう。そのため漆器製造工になるために必要なのは、手先の器用さや集中力、そしてこれらを学ぶためのモチベーションとなる、漆器に対する熱い思いです。

まとめ

日本の伝統文化のひとつである漆器。それに携われる職人が漆器製造工です。漆器自体の売り上げは徐々に低下していますが、日本にとっては決して廃れてはいけない必要不可欠な職業と言えます。

とくに資格も必要なく、漆器に関する熱い思いを抱いていれば漆器製造工になることができます。もちろん漆器について教えてくれる学校などもあるため、基本的な知識を得るために通うのも一つの手でしょう。師弟文化も根強く残っている職業でもあるため、親方を探し弟子入りする方法もあります。4~5年以上修業し、しっかりと技術を身に付けてはじめて漆器製造工として一人前と認められるでしょう。

漆器製造工に求められることは集中力や器用さ、几帳面さなどです。また自分の作品を創り出したいという想いも大切でしょう。漆器製造工になって、自分自身の作品を世に出してみたくはありませんか?

ものを見る 仕事を見る