ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)の適正を見る » 黙々と集中する仕事がしたい

黙々と集中する仕事がしたい

黙々と集中する仕事がしたい人に知って欲しい
ものづくりの仕事(工業・製造業)の魅力

ひたすら数をこなす単純作業が多い

工場の組み立てや検品などを行うライン作業では一つの製品にかける時間が決まっていることが多く、流れを止めないためにとにかく数をこなす必要があり、黙々と作業に没頭できます。単純作業の繰り返しでも黙々と取り組める人に向いている仕事です。無資格・未経験の人でも始めやすく、ものづくりの仕事に飛び込む最初の仕事としても◎。

作業効率やスピードで成長を実感できる

工場での仕事は単純作業が多いと言えど、効率良く仕事をこなすためには一定のスキルを身につける必要があります。日々の業務で取得したスキルにより作業効率やスピードが上がることで、自分自身の成長を実感しやすいのが魅力。黙々と作業をこなしながら、仕事にやりがいや楽しさを見出したい人に最適です。

真面目さが「価値」になる

取り扱い注意な工具や危険と隣り合わせの作業もあるものづくりの現場では、単純作業の繰り返しでも集中力を欠かさずに黙々と取り組める真面目な性格が重宝されます。コミュニケーション能力がそれほど高くない口下手な人でも、持ち前の真面目な人柄が評価されて活躍できる仕事です。

おすすめのものづくりの仕事

組み立て

組み立てとは、ベルトコンベアに流れてくる製品を図面通りに組み立てたり組み付けしたりする仕事です。黙々と仕事ができる集中力が求められるため、コツコツ作業が好きな人に向いています。特別なスキルや経験がなくても携われる工場が多く、初心者でも製品が出来上がっていく工程に立ち会えるものづくりの楽しさを味わえます。好きな自動車メーカーの製造に携わりたい人をはじめ、身近な製品が出来上がっていく工程や裏側に興味がある人にもおすすめの仕事です。

鋳造

鋳造とは、溶解した金属を型に流し込む加工技術の1つです。自動車や電車のモーターやエンジン、ブレーキ部品、重機の油圧部品などの製造に鋳造の技術が使われています。正確かつ効率の良い作業を意識しながらも、溶解した鉄を扱う危険な作業のため集中力が必須。鋳造で製造したエンジンやブレーキ部品が自動車や電車の快適な運転や安全を支える一端を担っており、自分の仕事にやりがいや誇りを持って取り組めます。

検品

検品とは、工場で製造された製品の表面にキズやヘコミ、作動の不具合などがないかを確認する仕事です。ちょっとした見落としが商品やメーカーの看板にキズを付けるだけでなく、事故につながる恐れがあるため、高い集中力が求められます。製造に直接携わることはありませんが、出来上がった製品のクオリティを担保する役割を持っており、コツコツとした作業でものづくりの現場を支える縁の下の力持ちのような仕事です。

ものを見る 仕事を見る