ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくり(工業・製造業)の仕事内容を見る » 組み立て

組み立て

組み立て

監修:三陽工業株式会社

三陽工業株式会社公式HP
引用元:三陽工業株式会社公式HP(http://sanyou-ind.co.jp/)

「ニッポンのものづくりにわたしたちの力を」
- 三陽工業監修・組み立ての仕事内容とは

日本の工業界を代表する数多の企業に優秀な正社員エンジニアを派遣させている三陽工業株式会社監修のもと、組み立ての仕事内容について詳しく解説!「ニッポンのものづくりにわたしたちの力を」をスローガンに掲げる同社で働く社員にも取材を行い、ものづくりの楽しさや喜び、やりがい、誇り…、そして今後の展望を語っていただきました。

組み立ての仕事とは

組み立ては、組み立て図面通りに機械の部品を組み立てたり組み付けしたりする仕事です。部品を組み立て・組み付けすることで製品が形になる瞬間に立ち会えるため、ものづくりの楽しさを実感しやすいのが魅力。使われている部品や機械の構造を把握できるのも、組み立ての仕事ならではの楽しさです。

組み立ての仕事をやるのにあると良い資格

組み立ての仕事で持っていると良い資格について紹介したいと思います。

組み立ての資格とは

組み立ての資格には「電気機器組み立て技能士」と呼ばれる国家資格があります。

この電気機器組み立て技能士は名称独占資格であるため、資格取得者の実生することが可能で、保有していない人は称することが禁止されています。

また資格は等級ごとに区分され、各級ごとにレベルが位置づけされています。

等級 等級に対する位置づけ
特級 管理者・監督者が通常有すべき技能
1級 上級技能者
2級 中級技能者
3級 初級技能者

電気機器組み立て技能士の受験資格

電気機器組み立て技能士の受験資格は以下のようになります。

受験資格
特級 1級合格後に5年以上実務を経験。
1級 実務経験が7年以上、または2級合格後からさらに2年以上の実務経験がある。
2級 実務経験が2年以上、または3級合格者。
3級 不問

各等級の実務経験年数は、学歴や職業訓練歴により免除・または短縮されます。

電気機器組立て技能士の試験内容

電気機器組み立て技能士の試験内容
特級実技試験 工程管理・作業管理・品質管理・原価管理・安全衛生管理・作業指導・設備管理
特級学科試験 工程管理・作業管理・品質管理・原価管理・安全衛生管理および環境の保全・作業指導・設備管理・電気機器組み立てに関する現場技術
1・2級実技試験 選択科目
・回転電機組み立て作業
・変圧器組み立て作業
・配電盤・制御盤組み立て作業
・開閉制御器具組み立て作業
・回転電機巻線製作作業
・シーケンス制御作業
1・2級学科試験 ・電気機器組み立て一般
・電気
・製図
・機械工作法
・材料
・関係法規
・安全衛生
選択科目
・回転電機組み立て法
・変圧器組み立て法
・配電盤・制御盤組み立て法
・開閉制御器具組み立て法
・回転電機巻線製作法
・シーケンス制御法
3級実技試験 選択科目
・配電盤・制御盤組み立て作業
・シーケンス制御作業
3級学科試験 ・電気機器組み立て一般
・電気
・製図
・機械工作法
・材料
・関係法規
・安全衛生
選択科目
・配電盤・制御盤組み立て法
・シーケンス制御法

電気機器組み立て技能士の勉強方法

電気機器組み立て技能士の勉強方法については、独学がメインとなり他に講習などを受けることで知識を深めることもできます。

また各県の職業能力開発協会では、参考書や実技・学科の試験内容ついても紹介されているので参考にすることができるでしょう。

他にもすでに資格を取得されている方へ、質問等してみるのもオススメです。

電気機器組み立て技能士の資格取得におすすめの人

電気機器組み立て技能士は電気機器の組み立てだけではなく、電気系やメカニズムなどの調整や検査も行なうことが含まれています。

そのため各仕事内容についての知識をさらに深めたい方や、技術者として貢献したい方、スキルアップを目指している方にオススメの資格です。

また将来、電気機器組み立て技能士を育てたいと考えている方にも、大変役立つ資格となるでしょう。

電気機器組み立て技能士の資格取得のメリット・デメリット

メリットとしては資格取得により仕事上でのスキルアップが可能となります。

国家資格なので昇給・昇格はもちろん指導者としても活躍することができるでしょう。

一方でデメリットは勉強に関する情報が少ないため、取りかかりが難しいと感じる場合もあります。

ですが先輩方にフォローしてもらいながらでも取得が可能な資格なので、ぜひ取得を目指しましょう。

組み立ての仕事でつくられるモノとは

自動車

身近な自動車が完成する工程に関われる

自動車の組み立てでは設計図面に沿ってエンジンやトランスミッション、車軸などの組み立てをはじめ、組み立てた部品を車体やフレームへの取り付けを行います。組み立てには単純作業なものもあれば、特殊な器具を用いる複雑な組み立て法もあり。そのため、作業内容に応じた柔軟かつ適切な対応が求められます。

重機

インフラ整備や街づくりを支えて社会貢献ができる

組立図面に沿って部品を組み立てます。組み立てた重機の試運転を行いながら、必要があれば調整を実施。大型の重機の組み立てではキツイ作業をロボットや自動化機器に置き換えて生産性を高めている工場もありますが、精度の高い組み立てには技術者の手がまだまだ求められています。

飛行機

自分の手で飛行機をカタチにできる楽しさを実感

ボルトやナットなどの器具を用いて多くの部品を組み立てたり溶接したりしながら、飛行機に仕上げる仕事です。胴体や主翼など広範囲に渡る組み立てが主な作業になり、ベルトコンベアでの単純な作業ではなく、手作業で行われるのが基本。そのため、自分の手で飛行機を完成させるものづくりの楽しさを実感できます。

組み立ての仕事をしている相羽憲浩さん(仮名)にインタビュー!

横浜にある自動車製造工場で働く相羽憲浩さん

横浜にある自動車製造工場で働く相羽憲浩さん(仮名)・28歳。大手国内自動車メーカーの心臓部エンジンの組み立て作業に従事しています。前職でも、大手自動車メーカーの製造に携わった経歴があり。三陽工業のHPからチーム力に優れた楽しそうな雰囲気が伝わってきたのが、入社のきっかけとのことです。相羽さんに組み立ての仕事についてお聞きしました。

ー三陽工業での組み立てとはどんなお仕事ですか?

三陽工業では、大手国内自動車メーカーの心臓部エンジンの組み立てを担当しています。エンジンはそれぞれのメーカーの技術が集結した部分であり、車の走りや魅力を決定づける大切な要素です。組み立ての仕事はメーカーのエンジンに込めた最新技術やこだわりを、魅力的な自動車を求めるドライバーに届ける役目を担っています。

ー組み立てのお仕事のやりがいってどんなものですか?

エンジンの組み立て作業を通して、大手自動車メーカーの最新技術やノウハウを学べることにやりがいを感じています。購入者の立場のままでは分からなかった車の魅力に触れられるのは、実際に製造に携わっているからこその楽しさですね。また、三陽工業はチームワークにも優れているため、和気あいあいと働ける職場環境も気に入っています。

三陽工業における組み立てのお仕事求人例

職種 製造・整備士・技術士
仕事内容 自社工場・大手メーカー工場内での半導体洗浄装置の組立業務全般
雇用形態 正社員
給与 210,930円
勤務地 福岡県筑紫野市
勤務時間 8:30~17:40
※残業有
※配属先により変動あり
休日・休暇 土・日・祝・GW・夏期・年末年始(会社カレンダーあり)
昇給・賞与 ・ボーナス年2回
・昇給年1回

三陽工業採用HPのエリア別お仕事検索で
求人情報をもっと見る

ものを見る 仕事を見る