ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 未経験からでも正社員採用!
三陽工業の求人情報はこちらから
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事に役立つ資格を種類別に見る » 半導体製品製造技能士

半導体製品製造技能士

半導体製品製造技能士とは

スマートフォンやタブレット、パソコン、冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器、掃除機など、電子機器類や家電製品などには、半導体が組み込まれています。半導体が正しく組み込まれていなければ動作しないため、重要な部品の1つでもあります。そして、半導体製品製造技能士は、半導体製造工場において製造工程や生産設備に関する知識や技術の習得を示した資格です。

業務独占資格ではありませんので、半導体製造工場での配置義務もありません。ただし、半導体製品製造技能士を取得していると、転職や就職の際に自身のスキルをアピールしやすいなどといったメリットがあります。

資格は、2級と1級、特級に分かれていて、2級・1級と特級では試験内容に大きな違いがあります。

半導体製品製造技能士が役に立つものづくりの仕事は?

スマートフォンやタブレット、パソコンなどといった電子機器類の製造工場をはじめ、掃除機や冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器など家電製品などの製造工場でも活用機会があります。半導体製品製造技能士は、さまざまな半導体や集積回路の仕組みや活用方法、品質管理に関する知識や技術も覚えているので、製造や品質管理業務、設備管理や営業などでも役立てることができます。

他にも待遇面で期待できる場合がありますし、転職の際に技術や知識をアピールできます。

半導体製品製造技能士の難易度は?

半導体製品製造技能士の受験資格には実務経験も含まれているので、半導体関連の企業へ就職し、一定期間従事する必要があります。2級・1級の学科試験は、各半導体の名称や仕組み、製造法や組立、製図、安全衛生法などに関する科目が含まれています。一方特級は、主に品質管理や工程管理など半導体製造の製造工程に関する内容が中心です。

半導体製品製造技能士には技能試験もあり、集積回路チップ製造作業もしくは集積回路組立作業、特級は品質管理や原価管理などに関する作業を行います。合格率は、50%前後と難関資格の電験などと比較すると高いので、それほど難しいものではありません。

半導体製品製造技能士の取得方法は?

半導体製品製造技能士の資格を取得するには、受験資格を満たした上で2級と1級、特級のいずれか1つを選択し、学科試験と技能試験に合格する必要があります。毎年2回試験を実施していて、都道府県職業能力開発協会にて受験申込を受け付けています。

試験概要や詳細な手続きの流れに関しては、中央職業能力開発協会のHPにて確認することができます。まずは実務経験に関する条件をクリアできるよう、半導体関連業務に従事するのが大切です。

『ハケン』の負のスパイラルを打破!なりたい自分を目指せるものづくり集団三陽工業とはどんな会社か?

取材協力・監修者:三陽工業株式会社

三陽工業株式会社公式HP
引用元:三陽工業株式会社公式HP(http://sanyou-ind.co.jp/)
※画像をクリックするとHPにリンクします

「人の無限の可能性」を原動力に、日本のものづくりの現場を元気にする

三陽工業株式会社は、1980年・昭和55年に明石市にて設立以来、ニッポンのものづくり産業の中で事業を推進し続け、現在では全国35の拠点をベースに事業を展開している企業です。

「人の無限の可能性」という言葉を胸に、働く社員一人ひとりの中に秘めている可能性を「三陽工業という働き方」で引き出し、日本のものづくりに貢献し続けてきました。頑張る人が報われるという当たり前の状況を作り出すため、さまざまな環境を整備している点が社員からも好評を得ています。

役職・部署を希望してプレゼンを行うことで希望が叶うチャンスを与えられる「立候補制度」や、さまざまな種類の表彰制度など、社員一人ひとりの頑張りが必ず形になる環境の整備に力を入れています。

三陽工業採用HPで
お仕事検索をしてみる