ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)を業種別に見る » 貴金属宝石細工工

貴金属宝石細工工

貴金属宝石細工工

ダイヤモンドやゴールドなどの宝石類や貴金属をジュエリーにする貴金属宝石細工工。ものづくり仕事でも、美しい宝飾品を作るだけに夢があります。実際の仕事内容やなるために必要なこと、年収などをまとめました。

貴金属宝石細工工の仕事内容

宝石や貴金属を加工して、キレイなアクセサリーに

宝石をジュエリー加工する仕事です。専門的な加工技術やデザイン力が求められるクリエイター職です。金やプラチナと呼ばれる貴金属は、他の素材に比べ融点が高く粘りがあるため、加工にはスキルが必要です。 貴金属宝石細工は主に2タイプに分けられます。プレス加工の機械を使って量産するタイプと各メーカーや師匠の技を学びながら一つひとつ手作りするタイプに分かれます。 また、高価なジュエリー以外にも、普段使い向きなアクセサリーを作ったりデザインしたりもします。まさに人々のおしゃれを支えるものづくり業です。

貴金属宝石細工工の年収

年収は300~500万ほど。月収は30万前後といわれています。大手メーカーの職人として働くほか、独立される方も多くいます。フリーで働きやすい仕事ですが、実績とスキルが必要なだけに、収入にも個人差があるようです。 また、キャリアアップとして有効なのが、厚生労働省が行っている技能検定「貴金属装身具制作技能士」。ある程度の実務経験や知識がなければ取得できない資格なので、あれば良いこと間違いナシです。

貴金属宝石細工工の将来性

宝飾品は高価なため、社会の景気の影響を大きく受ける商品です。ニーズが減れば、その分貴金属宝石細工工の仕事も減ってしまいます。現在、高価なジュエリーなどは買い控えられる傾向にあるようです。しかし、少なくなったとはいえ宝石を使ったジュエリーが消えることは考えにくいでしょう。 また、貴金属や宝石の加工は特殊な技術が必要なため、職人の手作業による加工への需要は一定数あり、仕事がなくなることはほぼないといえます。 大手のメーカーに入社すれば、他のサラリーマンと同じような安定した働き方が可能。ほかにも小さいアトリエを開いているところもあるようです。これといった決まった働き方ではなく、いろんな仕事の方法があるだけに将来性は、自分次第で広がりを見せるでしょう。

貴金属宝石細工工になるには

仕事をするのに必要な資格は特にありません。一般的には貴金属宝石細工工としてメーカーに雇用してもらい、経験を積む人が多いようです。ジュエリー関係の専門学校や美術大学を卒業し、デザインの他にも彫刻などを勉強すると有利になるでしょう。何より必須なのは、宝石や貴金属の加工に関する知識とスキル。仕事をしながら少しずつ上達するため、働き始めてからも学び続ける必要があります。 フリーで活躍するためには、デザインセンスが重要に。その時の流行やお客様一人ひとりのニーズをカタチにできるスキルがなければなりません。

まとめ

貴金属宝石細工工になるための専門的なスキルや知識をしっかり身につければ、ものづくりで人を幸せにできます。人々のおしゃれを支え、時には特別な幸せをカタチにする職人たち。ものづくりの仕事の中でも、自分が作ったもので人に喜んでもらうことを実感しやすいお仕事です。幸せに寄り添うことが多く、ネガティブな想いや気持ちと向き合うことは少ないでしょう。 また、もともとは男性が多い仕事でしたが、最近では女性の職人も増えているようです。女性が身に着けることの多いアクセサリー類を作るだけに活躍できそうですね。
ものを見る 仕事を見る