ものづくりの種類 仕事内容 Q&A 仕事の適性 ものづくりの
お仕事情報を見る
日本が誇るものづくりの仕事特集 » ものづくりの仕事(工業・製造業)を業種別に見る

ものづくりの仕事(工業・製造業)を業種別に見る

『ものづくり』といっても、その数は無数にあり、小さいな部品の製造や組立から、漆を塗る職人まで様々な業種が『ものづくり』といわれる仕事です。その一つひとつにプロが存在し、毎日、技を磨きながら日本のものづくりを支えています。ここでは数多くある『ものづくりの仕事』を業種別に紹介していきます。

金型工

縁の下の力持ち!金型がなければ始まらない

工場で製品を量産させるために必要な金型。その金型を作るのが金型工の仕事です。スマートフォンやパソコン、自動車など、ほとんどの製品には細かなパーツが必須。mm単位で調整が必要な製品を毎回手作業していたら、生産は間に合いません。金型工がスポットを浴びることは少ないですが、なくてはならない職業なのです。

金型工の年収

250~550万円程度の年収が多いようです。高校卒業後に勤務したケースでは月収が15万円ほどで、年齢とともに平均年収も上がってきます。40代以上になると年収の平均は540万円にも上り、多い方では1000万円程度の年収を得られる方もいるようです。

金型工になるには

一般的に工業や機械系の専門学校・大学などで技術や知識を得た後に、就職する流れです。しかし基本的に専門の資格を取得する必要はないため、未経験でも金型工になることは可能。できれば国家資格である「金型制作技能士」や金型工業会が開催しているセミナーを受講しておく方が良いでしょう。

金型工の仕事について
詳しく見る

NC旋盤工

プログラミングであらゆる金属を加工する!NC旋盤工

NC旋盤とは、コンピューター操作で金属資材を切削加工する作業。NC旋盤工の主な仕事は、プログラミング入力とオペレーティング(機械操作や完成品のチェック)です。

各製造機器メーカーが独自の技術で開発を進めていて、ベルトコンベヤーやガントリーローダー(搬送ロボットアーム)との組み合わせなど、オートマティック化には著しいものがあります。扱う側にとっても安全性が高まっている分野です。

NC旋盤工の年収

ある調査によると、男性は443万6200円、女性は292万500円と言われています。ただし資格保有の有無や技術、経験などによっても年収が大きく左右されてしまうため、少しでも収入をアップさせたいと思えば、資格を取得しスキルを磨くことが重要でしょう。

NC旋盤工になるには

資格や経験が全くなくても就業することが可能です。しかしNC旋盤工として働くのであれば、機械加工技能士の資格を取得するのも一つの手でしょう。この資格は金属加工の技術を客観的に証明する資格です。

NC旋盤工の仕事について
詳しく見る

貴金属宝石細工工

時に主役にもなる貴金属や宝飾品を作る仕事

ゴールドやプラチナなどの金属を加工し、宝石を取り付けて宝飾品を作るのが貴金属宝石細工工です。機械を使用して、手の届きやすい量産品を作るケースと、メーカーごとの技法を学びながらコツコツとつくりあげる手作り品とに分かれます。手作りの技法を用いて仕事をする人を「クラフトマン」と呼びます。

貴金属宝石細工工の年収

300~500万円の年収をもらっている方が多いようです。大手メーカーの職人として勤務できるほかに、独立しフリーとして働くこともできます。そのため収入は個人差が大きく、収入を上げるためには実績とスキルを上げることが大切です。

貴金属宝石細工工になるには

とくに資格を取得する必要はないため、一般的にメーカーに雇用され経験を積むといった流れが多いようです。ただしジュエリー関係を学ぶことができる専門学校や美術大学で、デザインの他にも彫刻なども学ぶことで有利になることも。

貴金属宝石細工工の仕事について
詳しく見る

エレベーター据付工

利用者の安全を第一に考える仕事

エレベーターを工事現場で組み立て据え付けるのがエレベーター据付工の仕事です。各工場で作られた部品を取り付けたり、建物内に安全に配置したりします。エレベーターの安全性を確かなものにする必要と責任のあるやりがいのある仕事です。住居用や荷物用、乗り物用などエレベーターの種類にあわせて適切な作業が求められます。

エレベーター据付工の年収

年収は個人差が大きく、平均して350~700万円の範囲となっています。資格や知識、経験などで年収が大きく左右されてしまうので、手取りアップを図るためには、電機や溶接関連の資格を取得したほうが良いでしょう。

エレベーター据付工になるには

特別な資格が必ず必要なわけではありません。エレベーター関連の就職先で勤務することによって、エレベーター据付工として働くことができるでしょう。現場によって長時間作業となる、作業内容が異なるなど体力や柔軟性が求められます。

エレベーター据付工の仕事について
詳しく見る

パソコン組立・調整工

1つ1つの部品からパソコン組立をする仕事

マザーボードやハードディスク装置などの装置部品を、コンベアーによる流れ作業で順序よく組み立てていくのがパソコン組立・調整工の仕事。電動ドライバーを使った組立作業のほか、筐体の検査も行います。自らの手で少しずつパソコンが組み上がっていく様子を見られるため、やりがいのある仕事といえるでしょう。

特別な知識や技術は不要ですが、作業の迅速さと正確さ、ある程度の手先の器用さが求められる仕事です。

パソコン組立・調整工の年収

200~260万円程度が平均年収と言われています。ただし勤務先によって待遇は全く違っており、大手企業であれば年間賞与などを含めると年収500万円以上のケースも。ただし手厚い給与がもらえるのは一部の企業に限られているのが現状です。

パソコン組立・調整工になるには

資格などは一切必要ありません。まったく経験のない初心者であっても就職できる仕事です。ある程度、手先の器用さも求められるため細かな作業が得意な方にとっては有利な仕事でしょう。

パソコン組立・調整工の仕事について
詳しく見る

総菜製造工

日本の食を支える仕事

総菜製造工は、スーパーやコンビニなどに売られているお惣菜を作る仕事です。業務は前処理・調理・包装と部門ごとに分かれ、担当する業務内容もそれぞれ異なっています。作ったお惣菜は多くのお店に並ぶため、普段目にする機会も多いです。

自分の手で作ったお惣菜がズラリと並んでいる光景を見たとき、仕事におけるやりがいを感じられるかもしれません。

総菜製造工の年収

平均的な年収は約350万円程度のため、一般サラリーマンと比較すると少し低い傾向にあるようです。非正規雇用のケースがほとんどであり、結果として、正社員よりも平均年収が下がってしまうのが現状です。

総菜製造工になるには

特に資格や専門知識を必要としないため、誰でも働きやすい職種と言えるでしょう。需要も多いため、求人情報をチェックすれば簡単に見つけることができます。女性が多く活躍している職種と言う点も特徴のひとつ。

総菜製造工の仕事について
詳しく見る

縫製工

生活を彩る服を作りあげる仕事

人々の生活の土台となる「衣食住」三要素のうち、「衣」を支えるのが縫製工です。アパレル企業からの依頼を受けて、裁断から縫製までを担当。人々の服の好みが多様化した今、大量生産ではなく個々の要求に柔軟に応じられる縫製工は注目を高めています。一つの服をチームで作る、アパレルやファッション好きな人にとって魅力ある仕事です。

縫製工の年収

男性で約279万円、女性で約202万円が平均年収と報告されており、全体では208万円ほどです。今まで海外に委託していた縫製の仕事を日本で行うと言った流れがあるため、今後は給与アップが見込める職業とも言われています。

縫製工になるには

縫製工に最も必要と言われているのが手先の器用さです。さらに洋服が大好きで、服を作りたいという情熱も重要でしょう。またチームで取り組む作業なので、協調性やコミュニケーション能力も大切な要素と言えます。

縫製工の仕事について
詳しく見る

製材工

「自然」から「材料」を生み出す!あらゆる木材の生みの親

原木を加工し、木製品の元になる角材や板を作り出すのが製材工の仕事です。求められる規格通り寸分の狂いも許さず、自然のままの原木を「材料」として使える姿に仕上げるのは、まさしく匠の仕事。家や家具、雑貨など、私たちの生活の様々な場面で使われている木製品をつくる最初の段階である製材工は、木を使ったものづくりに欠かせない職種です。

製材工の年収

平均年収は約333万円であり、他の労働者の年収と比較すると決して高収入とは言えません。また一人前になるための下積みも長いため、若いころには収入が安定しないことも多いでしょう。ただしスキルを積み重ねることによって、年収アップが期待できます。

製材工になるには

一人前になるまでに。3~5年ほどかかると言われています。そのため製材会社で多くの作業を経験させてもらい、スキルアップを図ることが近道でしょう。また重量物を取り扱うので、体力や腕力が必要不可欠です。

製材工の仕事について
詳しく見る

清酒製造工

歴史ある伝統技法の継承者!日々の暮らしを豊かにする日本酒の造り手

日本酒の製造から販売まで一手に担うのが清酒製造工という仕事です。日本古来より文化や歴史と一緒に育まれてきた日本酒づくりの技術は、途絶えることなく磨かれてきました。日本酒は春から秋にかけて製造するため体力・根気ともに必要ですが、毎年違う酒米や水を組み合わせてその年にしかできない味を追求する楽しみがあります。伝統を受け継いで自らの手で仕込んだ酒が誰かを笑顔にする、そんな素敵な職種です。

清酒製造工の年収

平均年収は310~405万円とされており、実力によって年収もアップします。実力を伴わない見習い期間中は年収200万円未満というケースもありますが、最高責任者の杜氏になることによって年収は大幅にアップし、500~1000万円になるでしょう。

清酒製造工になるには

人材不足傾向にあるため、働き手は引く手あまたでしょう。酒造期間中は電気系統のトラブルなども起こりやすいため、危険物取扱などの資格を持った方が重宝されるようです。酒造技術者や技能者を養成する学校や研修に通うことで即戦力になることもあるでしょう。

清酒製造工の仕事について
詳しく見る

靴製造工

デキる男は足元でわかる!大人の魅力を引き出す革靴を作る仕事

革靴のデザイン設計から製造、仕上げまで全ての工程を担うのが靴製造工。特別な資格はいらないので未経験からでもチャレンジできます。工程ごとに作業が分かれていますが、経験を積むことで徐々に出来る仕事の幅が増えていき、最終的には1人で最初から最後まで手掛けられるようになるのが魅力的。革靴はビジネスの場やフォーマルの場など、社会人にとっては欠かせないアイテムです。毎日の仕事はもちろん、一世一代のイベントに臨む人々を足元から支えてみませんか?

靴製造工の年収

年収は200万~280万円ほど。決して高い収入とは言えませんが、スキルや経験によって金額が大きく変動します。収入アップのためには工場などで経験を積むことで知識やスキルを高めることが大切です。将来、靴職人として独立することも考えても良いでしょう。

靴製造工になるには

最初は簡単な業務を実施し、少しずつ知識や技術を必要とする仕事を行うことが可能です。そのため未経験の方でも問題なく働くことができるでしょう。デザインや設計部門で勤務する場合には、前もって専門学校や職業訓練校で知識を身に付けておきましょう。

靴製造工の仕事について
詳しく見る

プラスチック製品成形工

生活を支える製品をこだわりの品質で生産する

ペットボトルやスマートフォンのボディ部分、コンタクトレンズなど日常生活で欠かせない存在となったプラスチック製品。プラスチック製品成形工は、機械を使ってそれらプラスチック製品を生み出す仕事です。

良品が成形されるように機械の圧力や温度を調整し、複数台の機械を管理します。3~5年で1人前の技術士を目指せるので、機械操作に興味のある方におすすめです。

プラスチック製品成形工の年収

男性であれば約430万円、女性であれば約300万円が平均年収です。企業規模や勤務形態、役職の有無によって収入は変動し、全体であれば約410万円とされています。大手企業であれば500万円ほどになるため、高収入を希望する場合には大手企業の方が良いでしょう。

プラスチック製品成形工になるには

高校や高専などを卒業したのちに就職するケースがほとんどですが、中途採用も比較的多いようです。国家検定に「プラスチック成形技能検定」という資格があり、スキルアップを図るだけでなく、給与面にも影響するでしょう。

プラスチック製品成形工の仕事について
詳しく見る

ガラス食器製造工

誰かの「おいしそう!」をつくる影のシェフ

ガラス食器製造工は、ガラスでできた食器を製造する職人です。手作りと全自動の大量生産の二つに分かれ、熱いガラスを成型して食器を作ります。自分の努力が誰かのお気に入りのお皿やグラスになることに、やりがいを感じる仕事です。

就職に特に必要な資格はなく、またほとんどの場合は経験不問。やる気や熱意さえあれば、誰でも立派な職人になれる職業です。

ガラス食器製造工の年収

平均すると400万~440万円ほどの収入で、製造業のなかでも平均的な収入と言えるでしょう。およそ8割が男性という職種で、さらに女性の方が100万円程度低く、260~320万円程度といった傾向にあります。

ガラス食器製造工になるには

中学や高校卒業後に就職することがほとんどであり、未経験でも問題なく勤務することができるでしょう。ただし大量生産を行っている企業の場合には機械に関する資格や検定を取得することで、就職に有利に働くと言われています。

ガラス食器製造工の仕事について
詳しく見る

印刷機オペレーター

書籍からノベルティグッズまで!幅広いデザインに触れる仕事

厳格な専門誌から娯楽性の高い雑誌まで、暮らしに関わりの深い「紙」の印刷に関わる仕事です。最近ではDTP技術の進歩により、パソコンのデータから紙へ印刷するため、データの調整まで行う場合もあります。

自分の手でさまざまな印刷物を作成する、やりがいのある仕事といえるでしょう。

印刷機オペレーターの年収

勤務する会社によって年収は大きく異なりますが、年収は450~550万円程度。未経験者であれば、メインの仕事よりもサポートする仕事が多いので給与が少なくなります。つまり経験を積むことで、徐々に年収アップが期待できるでしょう。

印刷機オペレーターになるには

印刷機オペレーターになるために必ず必要な資格などはありませんが、印刷の知識や印刷機の扱いなどは覚えておいたほうが良いでしょう。国家資格の「印刷技能士」を取得しておくと、より仕事の幅が広がり選択肢が増えます。

印刷機オペレーターの仕事について
詳しく見る

家具工

椅子・テーブル・棚など身の回りの家具を作るやりがいのある仕事

家の中で長く使われる大切な家具。家具工は、そんな暮らしに馴染み深い家具を製造する仕事です。

大手家具メーカーの場合、仕事内容は組み立てや仕上げがメインとなりますが、中小規模の工房や独立して働く場合、木材の切り出し・加工から行う場合もあります。

家具工の年収

会社や工房の規模によって年収はさまざま。およそ210万~360万円が平均年収と考えられています。見習いであれば月20万円以下のこともあるため、収入面での待遇は良いとは言えないでしょう。高いスキルを身に付ければ、月収50万円近くになることも。

家具工になるには

美術系や木工などの学校に通うことで、家具の製造・設計に関する高い技術や知識を身に付けることができるため採用に有利でしょう。また学校に通わずに職人の弟子として採用されることも。ただし給与面は低いため注意が必要です。

家具工の仕事について
詳しく見る

革製品製造工

使うほどに風合いと愛着の深まる革製品の職人

鞄や革靴、財布など、身近に使われる革製品を作る仕事です。

裁縫の少しのズレで見た目が損なわれてしまうため、妥協の許されない厳しい仕事です。しかし、美しくそして丈夫に作られた革製品は、購入者にとって一生ものとなる品物となり、それを作りあげるやりがいはこの仕事だけでしか得られません。

知られざる革製品製造の世界について、少しだけ覗いてみましょう。

革製品製造工の年収

務めている工場や工房によっても収入面に違いがあるでしょう。とある革製造会社での初任給は16万円程度です。ただ工場で生産管理を行うような役職につくことや、独立し自分の工房を持つことで年収アップできるかもしれません。

革製品製造工になるには

革製品の加工・製造などの技術を教えてくれる専門学校もありますが、基本的に革製品の製造工の求人に応募する手段がほとんどです。人手や後継者の不足傾向にあるため、未経験者の求人も多いでしょう。そのため採用されれば、即製造工として勤務できるでしょう。

革製品製造工の仕事について
詳しく見る

たばこ製造業

世界的にも愛好家の多い嗜好品を生み出す仕事

たばこ製造業は、その名のとおりたばこを製造・販売する仕事です。1枚の葉っぱである葉たばこを加工して、ブレンドし、フィルターを挿入してチップペーパーで巻き上げるという何層もの工程を経て完成するたばこ。正社員からアルバイトまで募集している企業も多く、年齢問わず活躍できる工場が多くあります。そんなたばこ製造業の年収や将来性に迫ってみました。

たばこ製造業の年収

450万~800万円程度の年収です。40代の男女で比較すると、200万円以上男性のほうが稼いでいる傾向にあります。さらに課長に昇進することで年収も高くなり、役職によっては年収1,000万円以上もあるため、高収入も実現可能です。

たばこ製造業になるには

必要不可欠な資格やスキルはありませんが、運搬担当を任せられることもあるためフォークリフトの資格を取得していた方が有利ともいえるでしょう。また出荷や運搬作業は力仕事のため、体力がないと長く勤められないかもしれません。

たばこ製造業の仕事について
詳しく見る

ゴム製造業

日常のさまざまな場面で活躍するゴムを作る

ゴム製造業は、各種日用品やタイヤなどのゴム製品を作る仕事。機械のオペレーターから組立・検品担当まで、工程によって仕事内容が異なるのが特徴です。日用品を作る中小企業と、自動車のタイヤや各種部品を製造する大手企業の2種に分けられるのも確認しておきたいポイント。どちらも身近で、生活に欠かせない品物を製造しています。

ゴム製造業の年収

600万円程度が平均年収。ただし中小企業の場合には230~400万円、大手企業は800万円以上傾向にあります。ゴムタイヤを製造するような企業の場合であれば、自動車業界の重要な支えになっているため比較的高い年収が期待できるでしょう。

ゴム製造業になるには

必要な資格は勤務先によって異なり、大卒の資格が求められるようなこともあるでしょう。さらに医療機器製造業や危険物乙主第4類などの資格が求められるケースも。また企業によっては資格を取得するための制度が用意されていることもあります。

ゴム製造業の仕事について
詳しく見る

セラミック製造工

これからの産業を支えるセラミック素材の製造工

セラミックは、陶磁器やガラスのほか、半導体や電子部品など、さまざまな製品に関わる素材。特に高純度で精製されたファインセラミックスは、スマートフォンや自動車産業に欠かせない素材として注目を集めており、さまざまな可能性を秘めた素材といえます。そんなセラミックを作る「セラミック製造工」は、主に製造・組み立て・検品の3種類に分けられます。それぞれについて詳しくご説明します。

セラミック製造工の年収

幅広い分野で求められているため、業界の平均年収を一概に言うことは難しいのが現状です。求人を見る限り、専門的な知識が必要とされる製造分野の方が、給与が高い傾向にあるでしょう。さらぬシェアが大きい大規模の企業の方が年収も高い傾向にあります。

セラミック製造工になるには

セラミックの製造に関わっている工場の求人に応募し採用されることが最善の方法でしょう。多くの求人では資格や経験を問わないため、経験がなくても申し込むことができます。勤務地や勤務時間など希望する条件を満たす企業の求人に応募しましょう

セラミック製造工の仕事について
詳しく見る

メッキ工

最先端技術の分野からも注目される仕事

メッキ工の仕事は、製品に使われる部品やパーツにメッキを施すこと。単純にメッキ液につけるだけでなく、酸浸漬や脱脂、こまめな水洗作業など、細かい工程でメッキは施されます。

見栄えをよくするだけでなく、製品の品質や機能性を高める奥深い仕事。そんなメッキ工の仕事について詳しく見ていきましょう。

メッキ工の年収

全く資格を持っていない高卒の場合であれば、年収は300万円程度。大卒であれば400万円程度と言われています。さらに、メッキ技能検定1級を保有していれば年収は800万円にもなるでしょう。

メッキ工になるには

メッキ工だからと言って、専門的な資格を必ずしも取得する必要はありません。ただしメッキ関連の資格を取得している方が有利であり、球面にとってもプラスになるでしょう。さらに工業系の高校や専門学校を卒業すれば、大手にも採用されやすくなります。

メッキ工の仕事について
詳しく見る

陶磁器製造工

工芸品だけじゃない!工場で作られる陶磁器の製造工

陶磁器と聞くと、多くの人は地方で売られている伝統工芸品を思い浮かべるはず。しかし陶磁器はさまざまな種類があり、お皿やコップなどを大規模に作る工場も存在します。

そこで、陶磁器を作る工場で働く場合の情報を調査。陶磁器製造工の仕事内容や年収など、気になる情報を細かくまとめています。

陶磁器製造工の年収

全国で考えると、男女を合わせた平均年収が約315万円とされています。平均月収は、およそ23万円でした。その中でも大手の工場に勤務することによって、より給与も高い傾向にあるでしょう。高めの給与を得るためには、大手に勤務したほうが良いかもしれません。

陶磁器製造工になるには

陶芸家として将来独立を考えている方であれば、職業訓練校や窯業大学で陶磁器に関する知識を学ぶことが大切です。高度な技術や知識を習得することで、世界でオンリーワンの陶磁器を製作できるでしょう。知識を学んでいない方でも、数多くの求人も見られます。

陶磁器製造工の仕事について
詳しく見る

楽器製造業

アーティストの要望に応える繊細なお仕事

管楽器・弦楽器、打楽器など、ジャンルごとにさまざまな楽器を製作する楽器製造業の職人。仕事内容や年収、将来性など、気になる情報についてまとめました。

曖昧な気持ちで働けるほど楽な業界ではありませんが、その分やりがいも感じられる奥の深いお仕事。その魅力について詳しく解説いたします。

楽器製造業の年収

様々な場所で勤務することがあるため、平均年収を詳細にまとめることが難しい職種です。平均的な初任給が17~20万円とされているため、賞与や手当などを除けば年収は204~240万円と言えるでしょう。800万円以上の年収の方もまれにいます。

楽器製造業になるには

資格や経験などは必要ないでしょう。高校卒業後、楽器製作に関わる大学や専門学校に進学することで、知識や技術の基礎を身に付けてから就職するというケースが一般的。また楽器職人に弟子として入り、技術や知識を教えてもらうという手段もあります。

楽器製造業の仕事について
詳しく見る

マシンオペレーター

コツコツと集中して、製品生産を管理するプロフェッショナル

オートメーション化が進む現代において、欠かせない職業のマシンオペレーター。

その名のとおり、機械を操作するだけと思われがちですが、じつは製品制作において機械の微調整や、製品の品質管理なども行っています。

マシンオペレーターの年収

社員で雇用された方の平均年収は350万~600万円程度。ただしパートやアルバイトなどの非正規雇用の方も多いため、すべての方が同等の年収を稼げるわけではありません。家賃補助や社宅などの福利厚生も充実傾向です。

マシンオペレーターになるには

未経験の方が働くことができる職種です。マシンを操作するのが得意、集中力が高いなどの方に最適な職種でしょう。フォークリフトなどの特殊な運転免許や、マシンのトラブルに対処可能な電子機器組立て技能士などの資格を持っている方が有利。

マシンオペレーターの仕事について
詳しく見る

合成樹脂材料製造業

世の中のプラスチックの原料を製造する仕事

世の中の製品の多くで使用されているプラスチック。その原材料となる合成樹脂材料を製造する仕事です。

石油化学プラントで製造されている合成樹脂材料の製造は責任が大きく、やりがいのある仕事です。その分、やりがいも大きく、仕事もきちんと管理された時間で行うことができます。

合成樹脂材料製造業の年収

平均年収は400~500万円程度ですが、企業規模によって年収は大きく異なります。中小企業は350~400万円、大手企業は500万円以上が平均でしょう。比較的若い方の年収が高めのため、20代ぐらいは同世代と比較すると高めの年収傾向にあります。

合成樹脂材料製造業になるには

危険物取扱者の乙種やフォークリフトの免許があった方が良いでしょう。企業によっては資格取得をサポートするための補助があるケースも。そのため未経験者で働くことも可能なので、条件をしっかりチェックすることが大切です。

合成樹脂材料製造業の仕事について
詳しく見る

紙器加工

パッケージや段ボールを作るクリエイティブな仕事

製品を売る際に必ず必要になるパッケージを作る仕事です。

普通の製造業に比べて職人的な要素を含んでいるので、ものづくりともいうことができるクリエイティブな側面があります。また、大量生産のために機械を動かすことも日常的にあるので、オペレーターとしても経験を積むことができます。

紙器加工の年収

250~500万円以上と平均年収は、業績によってばらつきがあります。現時点において完全に機械での制御ができていないため、経験値が最も評価されるようです。そのため即戦力にならない方に対しては年収が少なくなるでしょう。

紙器加工になるには

紙の搬送などのためにフォークリフトを使用するため、フォークリフトの資格があると仕事の幅が広がります。未経験者も歓迎している求人も多くありますが、たくさんのことを学ぶ必要があることは覚悟しておきましょう。

紙器加工の仕事について
詳しく見る

静電植毛加工業

箱や自動車の内装から電子機器まで、幅広く使用されている技術

宝石箱のような高級感のある箱で見かける、柔らかい毛でおおわれた静電植毛という表面加工をを行う仕事です。

以前からずっと存在していた技術なのですが、様々な科学的特性があるため、自動車の内装、エアコンのパーツなどにも使用されており、最新技術にも応用が検討されています。職人仕事のため、やりがいも十分に感じることができます。

静電植毛加工業の年収

平均年収は400~500万円程度です。中小企業は350~400万円程度、大手企業は500万円以上が相場でしょう。比較的若い方の年収の伸びが良いため、20代頃であれば高い年収の傾向にあります。ただし中高年であれば平均的ともいえるでしょう。

静電植毛加工業になるには

未経験からでも始められる職業ですが、求人数は決して多くはありません。また素材の性質を把握する、接着剤の配合など専門的な技術が必要な仕事のため、未経験者が簡単に習熟できる職種ではないでしょう。習熟するためには年数を要します。

静電植毛加工業の仕事について
詳しく見る

試験評価

自社製品を世に送り出す最後の砦

自社で作った製品や食品、ITプログラム、ゲームなどに不具合がないかどうかをチェックするのが試験評価の仕事です。世の中に出ていく最後にチェックするいわゆる最後の砦となります。そのため、試験評価の仕事には大きな責任がありますが、その分、やりがいのある仕事だとも言えます。試験を専門に行う「テスター」、テストや評価の全体進捗を管理する「スーパーバイザー」、どんな試験評価をするべきかという計画を立てる「テストエンジニア」などを目指すことも可能です。

試験評価の年収

機械の評価やテストを実施している方は429万円、電気や電子などに関する仕事であれば412万円程度が平均年収です。有名な大企業であれば、1,000万円をこえる方も。どのような業種で仕事するかによって、年収は大きく左右されるでしょう。

試験評価になるには

検査を実施し、その結果を報告するための書類作成にはWordやExcelを使用することがほとんどです。そのため入力や文書の作成、表作成などのスキルを持っていた方が良いでしょう。求人サイトによると未経験者の募集も多数。

試験評価の仕事について
詳しく見る

現場代理人

経営者の代わりに工事現場を取り仕切る

工事を請け負った会社の経営者の代理として、工事や安全の管理などを行うのが現場代理人。必ずしも工事現場におかなければならない役職ではありませんが、特に大規模な工事現場で数多くの業者や作業員が働く現場では、大きな役割を果たします。主な仕事内容は、工程管理や安全管理といった管理業務がメインで、工事の内容や進め方、使用している設備はどのようなものであり、道具や機械は何を使うのかなど、できるだけ把握している人が適任です。

現場代理人の年収

平均年収は500万円程度です。ほかの業種の平均年収よりも高い傾向にありますが、経験値やスキルなどでも異なるため注意しましょう。給与幅を見ると320~780万円まで幅が広く、個人によって大きな差があります。

現場代理人になるには

必要とされる国家資格は特にありません。専任されることで、誰でもなることが可能ですが、工事の請け負い企業と直接的・恒常的な雇用関係が求められています。そのため請負会社の社員や、現場監督の経験者が有利でしょう。

現場代理人の仕事について
詳しく見る

ものを見る 仕事を見る